五月病とは四月から始まった新しい環境に一月以上たっても中々馴染めなかったりすることだそうです。

そうならないために食事で予防することはできるのでしょうか。
症状はいつから出るのでしょうか。

五月病の予防は食事でできるのかや症状はいつから出るのかについて書いていますのでよろしければ見てくださいね。

五月病の予防は食事でできる?

五月病 予防 食事
http://koyoinoneta.com/archives/1114.html

五月病とは今までやる気がなくて、学校や会社などに行きたくなくなってしまうことですよね。

これだけだと病気と認めてもらえないかもしれませんが、病名で言うとうつ病と診断されてしまうそうです。

そうならないためにも普段の生活の中でも食生活を見直すことも大切です。

 

最近ではジャンクフードばかり食べている子供はキレやすく、問題を起こしやすいとも言われているように、バランスの良い食事をしっかり採ることによって、ホルモンバランスを整えて、精神疾患を予防することにもつながる役割を果たしてくれるそうです。

栄養バランスの採れた食事の中に5月の食材を積極的に取り入れることも五月病の予防対策になるようです。

やはりその時の旬の物を食べるのは体にも心にもいいものですよね。

 

ビタミンB群、ビタミンC、カルシウムも五月病の予防になると言われていますので、あまり料理をしないという人であればサプリメントもありますので、上手に活用するようにして下さいね。

食材では、豚肉や、うなぎ、豚レバー、牛レバー、牛乳、イチゴ、ブロッコリー、キャベツなど様々な食材がありますし、これ以外にもたくさんの食材があります。

あまり栄養素ばかりを考えて食事をすることよりも、肉や野菜などをできるだけ多くの種類を食べるように心がけるだけでも違うのではないでしょうか。

スポンサーリンク


発症するのはいつ頃?

五月病 発症 いつ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h26/260401

五月病は名前の通り、五月に入ってから発症してしまう人が多いかと思います。

これは4月から新しい環境で馴染むようにして一月経ってようやく慣れてきたと思ったらゴールデンウイークの長期休暇を挟むことによって、やっと慣れてき始めたのが、休みで風船がしぼんでしまったようにやる気などが失せてしまうそうです。

 

なりやすい人は大人しく内向的で真面目な人が多く、初めての環境に慣れようとしていたけど、なかなか馴染めないままゴールデンウイークに入って一気に疲れが出てきてやる気がなくなってしまったり、不安を感じやすくなってしまうことがあるそうです。

この他の症状に睡眠障害や食欲不振の症状が出る場合がありますのでこれらの症状があるのでしたら、あまり頑張り過ぎると治るまで時間がかかってしまいますので、疲れたなと思ったらすぐ休むように、疲れを体や頭に残さないようにすることが五月病にならない予防になるのかもしれません。

まとめ

五月病は真面目な人になりやすい病気であるそうで、新しい環境で頑張らないと無意識に力が入ってしまっているのかもしれませんので、あまり無理をせずバランスの良い食事と、疲れたら無理をせずに休むようにすることが大切なのではないでしょうか。