線香花火の火花が熱くない理由や仕組みについてと消える時間について紹介していきます。

手持ち花火の中に線香花火がありますよね。

線香花火と言えばどっちが長く点いてるのか競ったことがあるのではないでしょうか。

そんな線香花火の火花が熱くない理由や仕組みはどうなっているのでしょうか。

また、線香花火の消える時間はどれくらい?

線香花火が熱くない理由など調べましたので、見ていって下さいね。

線香花火の火花が熱くない理由や仕組みは?

線香花火 火花 熱くない 理由
http://hanabi.shop-pro.jp/?pid=78766261

 

手持ち花火の中で線香花火がありますよね。

とても小さい火花ではありますが、何故か線香花火をしてる間はじっと黙ってその火花を見入ってしまうほど綺麗で可愛らしい火花が魅力的ですよね。

 

また線香花火の火花がより長く残っていた方が勝ちといった競争をしたりしたこともあるのではないでしょうか。

少しの振動でも火の玉が落ちてしまうためみんな手元を揺らさない様に必死に静止しようとされているかと思います。

 

その線香花火ですが、火花が手に触れてもあまり熱いと感じられないそうですが、これはやはり他の花火に比べると火力も小さく、常に火花が出ずにランダムに火花が発生するためもし肌に触れたとしても熱いと感じる前に冷めてしまうため線香花火の火花は熱く感じないようですね。

線香花火はとてもシンプルな材料で作ることができる花火でありますが、一つ一つ違った火花の出方になったり、すぐに火の玉が落ちてしまったりしてしまいます。

儚く散ってしまう線香花火だからこそ気づくと魅了されてしまうのかもしれませんね。

スポンサーリンク


線香花火の消える時間は?

線香花火 消える時間
http://www.hanabistore.com

 

線香花火は消えるまでの長さを競ったりされたことがあるかと思いますが、大体どれくらいの時間で消えてしまうのでしょうか。

消える時間はやはりその時の状況などで違いはあるかと思いますが、大体何十秒から1分くらいの間になるかと思います。

 

中には点火すぐに火の玉が落ちてしまうということがあるようですね。

線香花火はその儚さの火花から最後の締めの花火としてされる人が多いのではないでしょうか。

ワイワイとにぎやかな花火から線香花火をして静かに心地よい時間でその日の締めくくりとなるのかもしれませんね。

スポンサーリンク


まとめ

線香花火は火を付けてからすぐに火の玉が落ちてしまうことがある花火でありますが、その儚くて綺麗な火花を見るといつの間にかみんなが無言でその火花を見入っていることがあるのではないでしょうか。

時間にすると1分にも満たない時間かもしれませんが、その時は何故か時間が長く感じられるほど線香花火をしてる間はゆったりとした気持ちになるのかもしれませんね。