旅行先や家の庭先などで手持ち花火を楽しむという人も多いかと思いますが、手持ち花火の着火はチャッカマン、ろうそく、ライターの内どれが正しい着火方法になるのでしょうか。

手持ち花火の着火方法について書いていきますので、見ていって下さいね。

手持ち花火とは?

手持ち花火
http://jongjong2323.com/?p=7898

手持ち花火とはその名前の通り、手に持って点火し、先から火花を見て楽しむ花火のことで、その種類は何種類かがあります。

主に線香花火、ススキ花火、変色花火、スパーク花火などの種類があり、多くの人は手持ち花火を楽しまれたことがあると思います。

形状のほとんどが筒状の物となっていて、かやくと金属粉を混ぜたものを紙で巻いて、その先に持ち手が付いています。

手軽に楽しめる花火ではありますが、火を使うので、水が入ったバケツなどに終わった花火を入れて完全に消化させることが大切です。

スポンサーリンク


手持ち花火の着火方法で正しいのはチャッカマン、ろうそく、ライターのどれ?

手持ち花火の着火方法で正しいのはチャッカマン、ろうそく、ライター
http://matsubara-hikari.net/info_detail/entry/132

手持ち花火は家族や友達などと手軽に楽しむことのできる花火で、夏になると一度はされたことがあるのではないでしょうか。

花火を楽しむときには必ずバケツに水を入れるなど完全に消化するように準備をしてから花火をされると思いますが、手持ち花火の着火方法はチャッカマン、ろうそく、ライターのどちらで着火するのが正しい方法なのでしょうか。

 

実は正しい着火方法としてはろうそくを使うことが正しい方法になっているそうです。

チャッカマンやライターは点火したい時だけ火を出すことができて便利ではありますが、点火した時に火花が手にかかったりなど火傷してしまう危険性がありますので、ろうそくを使う方が安全であるかと思います。

 

ただ、ろうそくは風で消えてしまうことがありますので、その点は少し面倒かもしれませんね。

小さな子供がいる時など、ろうそくに近づいて火傷してしまうことなどもありますので、できるだけ火元に近づかない様に注意しながら花火を楽しんでくださいね。

この他にも蚊取り線香もつけておくと、虫よけにもなりますし、手持ち花火以外の花火の導火線を付ける時などに便利ですよ。

スポンサーリンク


まとめ

手持ち花火は手軽に花火を楽しむことができる夏の風物詩の一つですよね。

子供でも火元に気を付ければ自分で持って花火を楽しむことができる物で、夏になると家族で花火を楽しんだという人も多いのではないでしょうか。

火をつける時の正しい方法としてろうそくが、安全面などから正しい方法とされているようです。

花火は見て楽しむことができる物ですが、火を使いますので、後始末の消化や、火をつける時など十分に気を付けて遊ぶようにして下さいね。