バレンタインにチョコを貰えなかった息子の励まし方はどうするべきなのか?息子へあげるのはありか?

毎年バレンタインの時期になると男の人も自分がチョコレートを貰えるのか内心ドキドキされているかと思います。

もし自分の息子がバレンタインにチョコレートを貰えなかった時、どう励ませばいいのでしょうか。

息子へチョコをあげるのはアリ?

バレンタインにチョコレートを貰えなかった息子への励まし方や、息子へあげるのはいいのかについて書いていきますので、見ていって下さいね。

バレンタインにチョコを貰えなかった息子の励まし方は?

バレンタイン チョコ 貰えなかった息子 励まし方

バレンタインの時期になると自分は誰に貰えるのかドキドキされている男の人も多いですよね。

学生の頃だと自分はどれだけ貰えたかや、本命の女の子に貰えるのか当日が終わるまで期待と不安で過ごされるかと思います。

もし自分の息子がバレンタインのチョコレートを貰えなかったら、どうしたらいいのでしょうか。

 

まだ子供が小学生くらいの年齢であれば、貰えなくてがっかりした顔で帰ってくることもあるかもしれません。

そんな時は何も言わずに普段通りに接する事もいいかと思いますが、もし貰えなかったことを話題に出してきたら、「貰えなくても気にすることは無いよ」と明るく話すことが良いかと思います。

もし親も一緒に貰えなかったことにがっかりしてしまった雰囲気を出してしまったら、子供も自分はダメだとより落ち込んでしまうことになりますので、一番大切なのが、深刻にならず明るく振る舞うことで、子供にもたいしたことは無いと思わせることです。

スポンサーリンク


バレンタインに息子にあげるのは?

バレンタイン 息子 あげる
https://curazy.com/archives/125313

バレンタインには好きな人にチョコレートを渡す日という風習が日本にはありますが、母親から息子にバレンタインに渡すのはアリなのでしょうか。

 

多くのお母さんは息子にバレンタインにチョコレートを渡されているようです。

年齢が上がるとチョコレートではなく他の物になったりすることもあるようですが、毎年息子や主人にチョコレートを渡されているという人は多いようですね。

 

まだ小学低学年くらいだと渡すときに「大好きな○○君へ」や「大好き」などといった言葉をストレートに伝えると照れながらも喜んでくれるみたいですね。

高学年になるとそういった言葉を使うと嫌がられてしまうかもしれませんので、さらっと渡すのでいいのではないでしょうか。

 

この習慣を息子が結婚視してからも渡しているという人もいますし、高校、大学進学した時で渡すのを止めたという人もいるようですので、渡したいという気持ちがある限りは続けられてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


まとめ

バレンタインは女子も男子もドキドキそわそわしてしまう日ですよね。

自分の息子がバレンタインのチョコレートを貰えなくてもあまり深刻にならずに明るい態度でいる事がいいかと思います。

息子が学生の間はバレンタインのチョコを渡しているという人が多いようです。

大人になったら渡してはいけないということはありませんので、毎年の恒例行事の一つとして渡し続けられるのもいいのではないでしょうか。