雪見だいふくは品切れが多い?売り上げは?味の種類は何がある?

雪見だいふくは赤いパッケージを開けると二つの大福に似たアイスが入っていますよね。

食べると皮の甘さとアイスがとても美味しい雪見だいふくですが、品切れしていることが多いのでしょうか。
売り上げはどれくらい?

味の種類は何種類かあるのでしょうか。

雪見だいふくは品切れが多いのか、売り上げはどれくらいなのか、味の種類は何種類あるのかについて調べましたので、見てくださいね。

雪見だいふくは品切れが多い?

雪見だいふく 品切れ 多い
http://matome.naver.jp/odai/2139960197782453901

雪見だいふくは長年愛されてきたアイスの一つですよね。

大福のように柔らかい皮と中のアイスがいい感じにマッチしていてとても美味しくファンの人も多くいるかと思います。

そんなロングセラー商品である雪見だいふくが品切れになることが多いのでしょうか。

 

実は雪見だいふくは冬に食べるアイスというコンセプトがあるそうで、よく目にする二個入りの雪見だいふくは9月から4月までの限定販売となっているそうです。

なので、4月以降になると在庫がなくなり、今までたくさんあった雪見だいふくが店頭から消えていき、品切れ状態になることが多いようです。

 

期間限定販売の為、その店の在庫がなくなったら次の販売期間になるまでおしまいになってしまうようですね。

ですが、ファミリーパックの雪見だいふくは一年中販売されているそうですので、大きさは小さくなってしまいますが、ファミリーパックで雪見だいふくを食べるというのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


雪見だいふくの売り上げはどれくらい?

雪見だいふく 売り上げ どれくらい
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E8%A6%8B%E3%81%A0%E3%81%84%E3%81%B5%E3%81%8F

雪見だいふくは数多くあるアイスの中でもロングセラーのアイスですが、売り上げはどれくらいなのでしょうか。

定番のバニラ味以外にも最近では期間限定の味も出たりと色々な味を楽しむことができます。

 

冬のアイスの定番で販売期間が限られている雪見だいふくですが、毎年70億円を売り上げているそうです。

やはり雪見だいふくが好きな人がたくさんいるからの売り上げなんでしょうね。

雪見だいふくの味の種類は何がある?

雪見だいふく 味 種類
http://gigazine.net/news/20151216-yukimi-cream-cheese/

雪見だいふくと言えば真っ白な皮に包まれたバニラアイスが定番ですよね。
最近ではバニラ以外にクッキー&クリームが定番の味として販売されています。

ファミリーパックの雪見だいふくではアイスの中にチョコソースが入っているものと、イチゴソースが入っているものもあります。

 

この他にもその年の限定の味でモンブランなどの味も販売されたことがあるようですね。

いつものバニラもとても美味しいですが、期間限定の味はその時だけ楽しめる物ですので、もし見つけたらいつもと違う雪見だいふくを楽しんでくださいね。

まとめ

雪見だいふくは冬に食べるアイスというコンセプトになっているため、販売期間が決まっているそうです。

そのため、販売期間が終わると店頭に残っている在庫が売り切れてしまうと次の販売日までは品切れ状態になってしまうそうです。

冬季限定でしか販売されていない雪見だいふくですが毎年多くの売り上げを挙げられていることから冬のアイスの定番として定着しているのではないでしょうか。