動物愛護習慣になると一般の人が書いたポスターなどが貼られているかと思います。

このポスターは環境省で募集しているのでしょうか?
動物愛護週間の由来や標語の例は?

動物愛護週間のポスターは環境省で募集しているのかや、由来や標語の例について調べましたので、見ていって下さいね。

動物愛護週間のポスターは環境省で募集している?

動物愛護週間 ポスター 環境省
https://www.env.go.jp/press/files/jp/6649.html

動物愛護週間は国民の間に広く動物の愛護と適さ維な飼育についての理解や関心を深める為に9月20日から26日を動物愛護習慣とされています。

昔は春分の日が動物愛護デーとしていたそうですが、5月には愛鳥週間があったり、学校が休みで動物愛護の学校行事がし肉などの理由から秋に変更になったそうです。

 

ペットとして犬や猫を飼われている人は多くいると思いますが、悲しいかなペットが子供の時は可愛がっていたのに、大きくなると捨ててしまったり、虐待をしたりと同じ命ある動物を物のように扱っている人がいます。

そういう人も動物愛護週間をきっかけに動物の命を預かるというのはどんな大切なことなのかを知ってもらえるといいですよね。

 

そうした意味を込め、普及啓発するために使用するポスターを環境省及び、動物愛護週間中央行事実行委員会で募集されています。

最優秀作品には環境大臣賞が送られ、この作品に基づいて全国の自治体などに配布されることになるそうです。

応募資格などは特に無いそうですので、絵に自信がある方や、この動物愛護週間に共感したという人は一度作品を応募してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク


動物愛護週間の由来や標語の例は?

動物愛護週間 由来 標語 例
http://1kuchi.way-nifty.com/blog/2012/10/03/index.html

では動物愛護週間が行われることになった由来は何なのでしょうか。

実はこの動物愛護週間はアメリカが1915年に制定したことが始まりになるそうです。

 

動物と人間のきずなをもっと深めようとすることが意味になっているようですね。

日本では1927年に日本人道会のバーネット夫人が動物愛護週間を始めようと提唱したことが日本での始まりになります。

戦後になると春分の日に動物愛護デーに変更されましたが、その後先ほども書いたように現在の日程でもある9月20日から26日までの一週間とすると定められたそうです。

色々な○○週間などがありますが、動物愛護週間のように法律によって定められているのはあまりないようですね。

 

動物愛護週間のポスターを書く際、標語は何て書けば良いのでしょうか。

その年ごとにテーマが変わりますので、ポスターに標語を入れる場合はそのテーマに合った標語を入れるようにして下さいとなっています。

例えば平成28年度のテーマは「譲渡でつなごう!命のバトン~新しい飼い主さんを探しています~」でした。

このテーマを参考に「家族になってくれますか?」「新しい飼い主さんをさがしています」と言うような標語を入れられていました。

もし標語を入れるのが難しい時は標語無しでも大丈夫だそうですので、他の人が見て分かるように書くことを心がける様にしてもいいのではないでしょうか。

まとめ

動物愛護週間は実はかなり歴史のあるもので、50年以上開催されている週間です。

ペットは毎日の暮らしに癒しを与えてくれたりするなくてはならない存在です。

中には途中で飼育を放棄してしまう人もいてしまいます。

そのようなことが少しでも減らせるようにとポスターを一般の人から募集し、広くみんなに知ってもらうという意味もあるようですね。

ペットや動物は人間のように話すことはできませんが、心はあります。

愛護する気持ちを忘れないようしないといけませんね。