黄砂は大量に飛散すると健康被害を引き起こしてしまいます。
持病で喘息を持っていたり、アレルギーがある人の対策はどうしたらよいのでしょうか。

黄砂の時の対策について調べていますので参考にしてください。

黄砂で喘息になった時の対策は?

黄砂 喘息
http://naruhodo-zensoku.com/interview/06.html

春先にかけて中国から偏西風に乗って黄砂が日本にやってきます。
大量の黄砂が飛散している日は空が黄色く見えたり、布団や洗濯物を外干しするとざらついた感じになってしまうこともあるかもしれません。

黄砂が体内に入ってしまうと健康被害を引き起こしてしまったりしてあまり歓迎できるものではありませんよね。

黄砂は有害な物質がたくさん付着しており、あまり体内に取り込んでしまうと慢性的な気管支炎が悪化したり、肺炎などの呼吸器の疾患になってしまいやすくなります。

 

また、黄砂に含まれている化学物質で気管支に炎症が起きてしまうと気道が狭くなり、それを戻そうと神経を緊張させて気道を確保しようとします。
寝る時や明け方に咳が止まらない状態になるのはこのように気道を確保しようと神経を緊張させるため起こるのです。
この症状は喘息と同じ症状でもあります。

黄砂の時期になると風邪をひいたわけでもないのに咳が止まらないのは黄砂が原因なのかもしれませんね。

 

対策としてはやはり黄砂を体内に取り込まないようにするしかないと思います。
外出時にはマスクをする。換気にも気を付けて、大量に飛散する日には外出を控えたりして、黄砂の中に行かないように自らが気を付けないといけません。

スポンサーリンク


アレルギーを持っている子供や大人はどうしたらよい?

黄砂 アレルギー
http://allabout.co.jp/gm/gc/300592/

黄砂自体はアレルギーを発症させるものではありませんが、もともとアレルギーを持っている人の症状を悪化させてしまうことがあります。

子供や大人でもアレルギーを持っているのであればやはりあまり黄砂には触れないように気を付けなければいけません。

 

大人ですと自分で対策を取ることができるかもしれません、子供の場合は親がきちんとマスクや過度の外出を控えさせるなどを教えていかなければいけません。

まとめ

黄砂は喘息の症状を引き起こすこともあります。
この症状を引き起こす前に体内に黄砂を取り込まないように予防と対策を徹底することが、黄砂によって引き起こされる咳や喘息の症状を抑えることができるかもしれません。

なかなか完全にシャットアウトすることは難しいかもしれませんが、対策をすることによって少しでも黄砂を体内に入れる量を少なくすることができるかもしれませんね。