麦茶は健康に悪いのでしょうか?水やほうじ茶などと比べるとどうなのでしょうか?

家でよく作られているお茶と言えば麦茶という人も多いですよね。

学校や会社などに行くときに水筒に入れて持っていかれるという人もいるかと思います。

麦茶は健康に良いイメージですが、実は健康に悪いのでしょうか。
また、水やほうじ茶などと比べるとどうなのでしょうか。

麦茶は健康に悪いのかなどについて調べましたので、見てくださいね。

麦茶は健康に悪い?

麦茶 健康 悪い
https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=24419

 

麦茶は多くの家庭で常に飲むお茶として飲まれていますよね。
夏などの熱い時期に冷たい麦茶を飲むと気持ちよく美味しいですよね。

学校などに行く子供にも水筒に麦茶を入れて、喉が渇いたときに飲むように持たされている家庭も多いのではないでしょうか。

そんなみんなに親しまれている麦茶ですが、実は健康に悪いのでしょうか。

 

麦茶には利尿作用や、眠気覚ましに効果があると言われているカフェインが含まれていません。

カフェインは飲み過ぎるとカフェイン中毒を引き起こしてしまう事がある刺激物の一種であり、赤ちゃんにカフェインが入ってるものを飲ませたり食べさせたりすることは避ける様に言われていますよね。

 

その為カフェインの入ってない麦茶は離乳食を始めたあたりの赤ちゃんに飲ませることのできる飲み物でもあります。

なので、健康に悪いというより、体に優しい飲み物であると言えるのではないでしょうか。

 

ただ麦茶を飲めば健康になるということはあまり無いようですが、健康を悪化させるという事もありませんので、日常的に飲む飲み物としてはぴったりな飲み物であると思いますよ。

スポンサーリンク


麦茶はほうじ茶などに比べると?

麦茶 ほうじ茶
https://www.amazon.co.jp/

 

多くの人が日常生活で麦茶を飲まれているかと思いますが、お茶には麦茶以外にもほうじ茶などがありますよね。

それらと比べると麦茶の栄養はどうなのでしょうか。

 

麦茶とほうじ茶の違いはその元となる原料の違いが挙げられます。

麦茶はその名の通り大麦の種を使って焙煎させたもので、収穫自治は初夏になるそうです。

ほうじ茶はお茶の葉が原料となっているお茶で、お茶の葉を焙煎させて作られたものとなっています。

 

栄養面での違いは麦茶はミネラルやカリウム、リンが含まれており、これらは抗酸化作用があるそうです。

この他にも体を冷やす効果や、熱中症予防などの効果があるそうです。

 

ほうじ茶はお茶の葉を使われているだけあってカテキンが豊富に含まれています。

このカテキンはガンの予防やコレステロールの現象、血糖値の安定などに効果があるそうですよ。

また、ほうじ茶は他の緑茶に比べるとカフェインが少なく、含まれている量はコーヒーの約半分ほどとなっているため、妊娠中の人でも飲み過ぎるなければ飲んでも大丈夫だそうですよ。

 

このようにどちらのお茶がすぐれているという事はなく、そのお茶事に良いところがありますので、その時によって飲むお茶を変えられてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


まとめ

麦茶は日本人が古くから飲まれている飲み物で、特に夏になるとよく飲まれますよね。

カフェインが含まれていないことから赤ちゃんから飲ませることができる体に優しいお茶でもあります。

ただ、どんなに体に優しいお茶であっても飲み過ぎると体を冷やし過ぎてしまうことになってしまう事がありますので、気を付けて下さいね。