湿気で体がだるい時の対策は何かあるのでしょうか?梅雨などはどうするべきなのでしょうか?

湿気が多いと体がベタベタして気持ち悪いですよね。

気温があまり高くない時にエアコンを付けると今度は寒くなったりして体調管理が難しいこともあります。

湿気で体がだるくなってしまった時の対策はどうすればいいのでしょうか。

また一年で一番湿気の高くなる時期でもある梅雨時期はどうすべきなのでしょうか。

調べましたので、参考にしてくださいね。

湿気で体がだるい時の対策は?

湿気 体がだるい 対策
http://www.tenki.jp/suppl/usagida/2015/07/08/4491.html

気温はそこまで高くないけど湿気が多いと体がだるくなってしまう時がありますよね。

何故湿気が高いと体がだるくなってしまうのでしょうか。

 

実は湿気が高い時は雨の日などが多くなりますよね。

雨の日は気圧が下がっていて、気圧が下がることによって体の細胞の働きが低下し、血流も悪くなってしまうそうです。

血流が悪くなると代謝も下がるため、体がだるくなってしまったり、肩こりや腰痛がひどく感じてしまうことになるようですよ。

 

また湿気が多いと発汗作用がうまく働かないこともあって、体の中に不要な水分が排出されなくなってしまう為、むくみやすくなったりして体がだるくなるそうです。

東洋医学ではこのことを湿邪と呼んで、女性では冷えの症状も現れやすいとも言われています。

 

そうなってしまった時の対策としてはやはり湿気が多いのが一番体に良くありませんので、部屋の湿度を下げる工夫をしたりして湿度調節をするようにして下さいね。

また水分は体の下半身に症状が現れやすいため、暑い日でもできるだけ靴下を履いたりして冷えないようにするのもいいそうですし、お風呂も半身浴で下半身を十分温めるようにして血流をよくするようにするといいそうですよ。

 

食べ物もショウガやニンニクといったような香りのある野菜やカレーなどの発汗作用を促すものを食べるようにして汗や尿を輩出しやすいようにするのも余分な水分を体から排出するために良いと思います。

だるいからといって何もしなかったりきちんと食事を採らないのはより悪化させてしまうことになりますので、気を付けて下さいね。

スポンサーリンク


梅雨時に体がだるい時はどうする?

梅雨 体がだるい
https://latte.la/column/71606704

 

湿気が多いと体がだるくなりやすいと書きましたが、湿気の多い時期である梅雨の時期はどうやって乗り切ればいいのでしょうか。

基本的には先ほど書いた対策をして乗り切ることとなりますが、梅雨の時期は気温も高い日があったりしてエアコンを使い始めるという人も多くいるかと思います。

エアコンを使うことによって無意識に体が冷えてしまっていてよりだるさを感じてしまうこともあるそうです。

 

また、晴れの日が続いたかと思ったらいきなり雨が降ってきたりと梅雨の時期は湿気だけではなく天気も変わりやすいことから体の調子が悪くなってしまう原因でもあるそうです。

ですので気温が高くてエアコンを付ける時は少し控えめに付けるようにしたり、暑くても真夏のような服装は避けて体を冷やさないようにすることも大切ですよ。

だるくなりやすい時期ではありますが、空いた時間などにストレッチをしたりして体の血流を上げるようにしたり、先ほども書いたように汗をかきやすい食べ物を食べるようにしたりして体の水分の排出を良くするように心がけるだけでも体のだるさはましになると思いますよ。

スポンサーリンク


まとめ

湿気が多い日や梅雨の時期になると体がだるくなりやすくなります。

これは湿気が多いと体から水分の排出量が下がってしまうため、むくみやすくなったり、血流が悪くなってしまうことが体がだるくなってしまう原因のようです。

対策としては汗をかきやすい食べ物を食べたり、半身浴をして下半身を温め血流を良くして体から余分な水分を排出できるようにしてあげることが大切です。

梅雨が過ぎると夏がやってきます。

体がだるいまま夏を迎えると夏バテになってしまいやすくなりますので、今のうちに体の調子を整えてあげるようにして下さいね。