夏登山は涼しいのか?服装は男だとどうするのか、防寒着は必要なのかどうかという点について書いていきます。

登山は登ってる最中は体も辛いことが多いかもしれませんが、頂上にたどり着いたときの達成感は何物にも代えることができないですよね。

体は疲れても気持ちはとてもリフレッシュできてまた頑張ろうと思われる人もいるのではないでしょうか。

夏に登山すると平地に比べると涼しいのでしょうか。
服装は男だとどういった服装がいい?

夏でも防寒着は必要なほどの気温になるのでしょうか。

夏登山の男の人の服装などについて調べましたので、夏登山の予定がある人は参考にしてみてくださいね。

夏登山は涼しい?

夏登山 涼しい
http://blog.goo.ne.jp/nonbiri-sampo/e/9461c170b543078681ab7764fa1f37f3

 

山登は普段見ることができない景色を楽しめるだけでなく、頂上にたどり着いたときの達成感は今まで頑張って登ってきた疲れも忘れてしまうほど感動しますよね。

一度山登りの楽しさに芽生えたら色々な山に挑戦し始めるという人もいるようです。

 

山は平野部に比べると涼しいと思われるかもしれませんが、登山によっては平野部とあまり変わらない気温の所もあるそうです。

また、冬などに比べると汗の量も多いため、水分も多く持っていかないとバテてしまったりしてしまうそうです。

大体標高1000mほどの山ではあまり涼しいと感じることは少なく反対に山を登って体が熱くなっているので涼しく感じることは少ないかもしれませんね。

スポンサーリンク


夏登山の時の男性の服装は?防寒着はいる?

夏登山 男性 服装 防寒着
http://suburbia.blog.so-net.ne.jp/2013-07-27

 

夏登山は登山によっては涼しく感じることが無いかもしれないと書きましたが、登山の服装は男性だとどのような服装がいいのでしょうか。

 

低い山であっても山では何があるかは分からないものです。

たまにまるでふらっと散歩に行くかのような格好で登山される人もいるようで、足元がサンダルという人も中にはいたそうです。

いくら低い山を登るとしてもこのような格好は危ないのでしないようにして下さいね。

 

夏登山の服装としては半袖シャツ、長袖シャツ、ウィンドブレーカー、トレッキングパンツが基本の服装となります。

登山の服装は基本は重ね着をして厚ければ脱ぐ、寒ければ着て服で体温調節するようにするそうです。

この時半袖シャツは速乾性のあるものを選ぶようにして下さいね。

綿素材のものは汗を吸っても生地が乾くのが遅くその湿ったシャツで体温が下がってしまうことになるそうですので、気を付けて下さいね。

 

夏登山で防寒着は特に必要ではないかと思いますが、ウィンドブレーカーは暑い日であっても雨具代わりにもなりますので、持っていくようにして下さいね。

汗をかいてしまったり、雨に打たれることもあるかもしれませんので、予備に長袖シャツを一枚持っていくと安心かもしれませんね。

この他にも手袋や帽子も忘れずに持っていくようにして下さいね。

スポンサーリンク


まとめ

夏登山は涼しいというイメージがあるかもしれませんが、登る山によっては平野部にいる時とあまり変わらない気温の所もあるようです。
服装は半袖、長袖にウィンドブレーカー、下は伸縮性のある長ズボンがいいようです。

オシャレな服もたくさん売られていますが、登山に慣れるまでは体に楽な服装で行かれる方がいいかもしれませんね。
夏登山は汗もたくさんかきますので、多めの水分も持っていくようにして下さいね。