傘が開かない時や閉じない時は修理に出すか新品を買うしかないのでしょうか?

雨の日には必ず使う傘で、値段の高い物から安い物まで様々な種類があり、お気に入りの傘があると雨の日でもその傘を使えるとテンションが上がる人もいるかと思います。

その傘を使おうとした時に開かなかったり、閉じなかったりした場合は修理に出すが、新品を買うしかないのでしょうか。

傘が壊れた時はどうすればいいのかについて調べましたので、参考にしてくださいね。

傘が開かない時や閉じない時は修理に出す?

傘 開かない 閉じない 修理
http://www.asuka-xp.com/smart-mini-review.html

雨が降っている時や日差しのきつい時には雨傘や日傘を利用して雨や紫外線から身を守られますよね。

傘には手動で開閉する傘やジャンプ傘、折り畳み傘などがありますし、コンビニなどで手軽に買える価格の物から高価なものまで様々な種類の傘が販売されています。

 

そんな傘を使おうとした時傘が開かなかったり、閉じなかったりしたら修理に出したほうがいいのでしょうか。

修理に出すと元通りにはなりますが、やはり修理料金がかかりますよね。

高価な傘などで長期間使える物だと修理に出して使いづつけることができるかと思いますが、値段の安い傘だと購入金額よりも修理金額の方が高い場合もあるようですので、もし修理に出すとすればそのあたりを考えてから修理に出されるといいかもしれませんね。

開閉ができない場合でも自分で直すことができる場合がありますので、一度傘がどのような状態になっているのか確認してみるのもいいと思いますよ。

スポンサーリンク


傘が壊れた時は新品を買うべき?

傘 壊れた 新品
http://ipwo.jp/info/home_umbrella_repair.htm

先ほども書きましたが傘が開かなかったり閉まらない場合傘を買ったメーカーに修理を出したり、傘修理の専門店に修理に出すと直してくれます。

ただ価格によっては新品を買った方が安くなることがありますので、修理に出すのか新品を新たに買うのかは自分の判断になるかと思います。

 

中には安い傘を買って潰れたら次を買うという人もいて修理には出さないという人もいるようですね。

修理をするか、新品を買うのかはその傘をどれだけ気に入っているのかによっても変わりますので、一概には新品を買うのがいいとは言えないと思います。

スポンサーリンク


まとめ

雨の日や日差しの強い時に使うことが多い傘ですが、使っていると開かなかったり、閉まらなくなってしまうことがあり、そうなると使えなくて不便ですよね。

壊れた傘は販売元のメーカーで修理をしてくれたり、傘の修理をしてくれる店で修理をしてもらえるかと思いますが、修理内容によっては修理するよりも新品を買った方が安いこともあるようです。

修理をするのか新品を買うのかはやはりその傘をまだまだ使い続けたいと思うのか、もう次の新しい傘を買うと思われるのかによって変わるので、どちらがいいとは言えないかもしれませんね。

傘はとても便利な物ですが、使い方によっては壊れやすい物ですので、そうならないためにも普段から丁寧に使うようにするのが一番いいのではないでしょうか。