ハワイには飛行機でいくことになるかと思いますが、何時間くらいかかるのでしょうか。
行きと帰りでは時間に違いはあるのでしょうか。
飛行機の遅延が発生する可能性は?

日本人が初めて行く海外に選ぶことが多いのは、ハワイではないでしょうか。

ハワイは一年中過ごしやすい気候で、マリンスポーツや買い物など楽しめる所がたくさんあり、人気の場所ですよね。

ハワイの飛行機は行き帰りで時間が違う?
遅延発生の可能性はあるのかについて調べましたので、見ていって下さいね。

ハワイの飛行機は行き帰りで時間が違う?

ハワイ 飛行機 行き 帰り 時間
http://kenshawaii.info/category02/hawaii01/

ハワイは一年中過ごしやすい気候で、マリンスポーツなどたくさん楽しめる場所がありますし、日本語が話せる人が多かったりと、外国ではありますが、行きやすい場所であると思います。

ですがハワイに行くには飛行機に乗っての移動になるかと思いますが、グアムなどに比べると飛行機に乗っている時間が長いですよね。

ハワイに飛行機で行くとき時間はどれくらいかかるのでしょうか。

 

日本からハワイに到着する時間は大体7時間だそうで、ハワイから日本にかかる時間は8~9時間程かかるそうで、行きと帰りとでは時間が違うようですね。

これは上空に流れるジェット気流が原因であるそうです。

 

このジェット気流は東から西に吹いており日本からハワイに向かう時は気流に乗って移動しているそうです。

帰りはジェット気流に逆らって移動するため行きよりも時間がかかってしまうようですね。

ただ、飛行機の種類や飛行ルートによって時間が変わりますので、利用する航空会社に確認しておくと良いかもしれませんね。

スポンサーリンク


日本からハワイまでの飛行機は遅延発生の可能性はある?

日本 ハワイ 飛行機 遅延
http://www.lifehacker.jp/2014/06/140617flight.html

飛行機は長距離を短い時間で移動する事ができるとても便利な物ですが、やはり心配なのが、時間通りに到着するのかや、事故などが起きないのか、ですよね。

やはり上空を飛ぶものですので、荒れた天候になると飛行機の出発時間が遅れてしまったり、ひどい時でしたら、決行してしまうことがあります。

 

ハワイだから遅延発生する可能性があるというわけではなく、どの場所に行くとしても遅延が起きてしまう可能性はあると思います。

ですので海外や日本国内で飛行機を使って旅行される時は遅延発生してしまう可能性があることを頭に入れて、戻ってからすぐに予定を入れずにしておくといいかもしれませんね。

まとめ

日本からハワイに行くとき飛行機を利用することが多いと思いますが、行きと帰りでは飛行時間が変わるそうです。

飛行機は空を飛ぶものですので、天候によっては出発時間などが遅れてしまったりすることがあります。

万が一遅延が発生しても困らないように前もって遅延した場合のことを頭に入れておくといざと言う時慌てずにすむと思いますよ。