金魚の売れ残りは、その後処分されてしまうのでしょうか。
また病気を持っていることがあるのでしょうか。

金魚すくいの金魚が売れ残った時は処分されるのか、金魚は病気を持っているのかについて調べましたので、見てくださいね。

金魚すくいで金魚の売れ残りはその後処分される?

金魚すくい 金魚 売れ残り その後 処分
http://ameblo.jp/amebakingyo/entry-11336470729.html

お祭りに行くとある屋台で定番のお店と言えば金魚すくいですよね。
かなりの人は一度は金魚すくいをしたことがあるのではないでしょうか。

子供のころなどよくすくった金魚を持って帰ると親に怒られたりもしたかと思いますが、金魚すくいの金魚は売れ残ってしまった後はどうなってしまうのでしょうか。

 

金魚の多くは残念ながら処分されてしまうことが多いようです。

業者の人によっては近くの川に流したり、また熱帯魚店などに売ってその金魚をピラニアなどの大型魚の餌にされたりとあまり残ってしまった金魚は悲しい最期になってしまうようです。

まれに買取をしてもらったり、他の露天商の人に回したりや、小学校や幼稚園に寄付するという人もいるようですが、そうしたことはあまり多くは無いみたいです。

こうして考えると金魚すくいはとても楽しいですが、残ってしまった金魚がこのような扱いを受けていると思うとすくえた金魚はできるだけ持ち帰ることを前提にしないと可哀想ですね。

スポンサーリンク


金魚は病気を持っている?

金魚すくい 金魚 病気
http://bbs.kingyo.info/imgbbs/index.php?page=8

また金魚すくいで残った金魚は悲しい最期を迎えてしまうことが多いと書きましたが、金魚は病気を持っているのでしょうか。

全ての金魚が病気を持っているという事ではないようですが、まれに病気を持っている金魚がいるようです。

 

もしもともと金魚の水槽に新たに入れる時は新しい金魚を消毒して、病気を他の金魚にうつさない様にしなければいけないそうです。

もともと金魚は人が作り出した魚で自然への適応能力はあまりないそうで、そのため病気になりやすいそうです。

 

ですので、金魚を飼う時はまず最初に塩浴や薬に入れて金魚自身を綺麗にしてあげることが大切になります。

金魚すくいなどにいる金魚は和金など比較的原種に近い魚ですので、病気になりにくい品種になるそうです。

どんなに強い品種であっても定期的に様子を見るようにしてあげるようにして下さいね。

まとめ

金魚すくいは祭りなどで必ずあるもので、一度はやったことがあるという人は多くいるのではないでしょうか。

ただ売れ残ってしまった金魚は近くの川に捨てられたりとあまりいい結末ではないようです。

みんなが楽しむことができる金魚すくいですが、できるのであれば金魚すくいの金魚をすくったら持ち帰って飼えるようにするようにしては少しでも処分されてしまう金魚を減らすことができるのではないでしょうか。