6月はジューンブライドで、結婚式をあげる人も多いと思います。

花嫁と言えばブーケを持っているイメージかと思いますが、ブーケの花や装花にあじさいを使ってもいいのでしょうか。

あじさいの花言葉は何?

結婚式のブーケにあじさいを使うのはアリなのか、花言葉は?について調べましたので、参考にしてくださいね。

結婚式のブーケ、装花にあじさいを使ってもよい?

結婚式 ブーケ 装花 あじさい
http://www.weddingpark.net/magazine/2449/

結婚を考えている人は式は6月にあげたいなーと思われる人もいるかと思います。

6月にあげる結婚式のことをジューンブライドと呼び、欧米では6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活を送ることができると言い伝えされています。

その言い伝えが日本でも伝わり今では多くのカップルが6月に結婚式を挙げる人が増えたそうです。

 

花嫁と言えばブーケが必要になりますが、どんな花を使おうか色々悩まれると思います。

6月の花と言えばあじさいがすぐに思い浮かべる人が多いと思いますが、ブーケに使うのはアリなのでしょうか。

 

ブーケにあじさいを使うのはいけなくはないそうですが、水持ちがあまりよくない花の為、披露宴が終わるころには花が下を向いてしまっている可能性が高いそうです。

もしどうしてもあじさいを使ったブーケにしたいと思われるのでしたら、あじさい単体だけでなく、他の花を合わせるといいかもしれません。

 

また結婚式にはたくさんの花が飾られていて、装花と呼ばれていて、メインテーブルやゲストテーブルの真ん中に飾られている花のことです。

この装花をあじさいにするのはいいのでしょうか。

 

あじさいは6月の花と言ってもいいほど代表的な花ですので、装花にするのは良いかと思います。

花にもボリュームがありますので、テーブルを華やかにしてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


あじさいの花言葉は?

あじさい 花言葉
http://あい.net/378.html

ブーケや装花にあじさいを使うのはアリと書きましたが、実はあじさいは土壌や成長に合わせて色が変化することから、花言葉に、移り気や浮気などがあります。

このことからあまり結婚式には向かないのではないかとも言われているそうです。

永遠の愛を誓う結婚式で移り気や浮気などの花言葉を持つあじさいは遠慮したほうがいいのでは?と言われています。

 

ですが、この花言葉以外に家族だんらん・辛抱強い愛情など、これから夫婦になって家族になる二人にぴったりの意味も持っています。

このことから最近ではあじさいを選ぶ人が増えてきているみたいですね。

ただ、移り気や浮気などの花言葉だけを知っている人もいるかと思いますので、あじさいを利用する時は司会の人などに良い方の意味の花言葉があることを説明してもらうと納得してもらえるのではないでしょうか。

まとめ

あじさいはブーケとして使うことはできますが、切り花にすると長時間花がもたず下を向いてしまうことがあるそうです。

ブーケに使う時は作ってくれる花屋さんと相談して、結婚式や披露宴が終わるまで花が持つ方法を考えてもらうといいのではないでしょうか。

また、花言葉に移り気や浮気などがあるあじさいですが、家族だんらん、辛抱強い愛情と家族愛の意味を持っています。

ですので、あまり気にせずにあじさいを結婚式のブーケや装花に使って、一生の思い出になる結婚式にしてくださいね。