麦茶や緑茶の茶渋は歯に付くのでしょうか?落とし方は重曹なのでしょうか?

麦茶や緑茶は日本人が古くから親しまれている飲み物ですよね。

どちらも飲んだ後スッキリする味わいで食事の時などに一緒に飲むという人も多いのではないでしょうか。

麦茶も緑茶も作る時はお湯を沸かしてからパックを入れたり、緑茶では急須にお茶の葉を入れてお湯を注いで作りますよね。

このお茶を飲んでると歯に茶渋がついてしまう事はあるのでしょうか。

もしついてしまったら重曹で落とすのが効果的?

麦茶や緑茶の茶渋が歯に付くことがあるのかなど調べましたので、見ていって下さいね。

麦茶や緑茶の茶渋が歯に付くことがある?

麦茶 緑茶 茶渋 歯に付く
http://kibami-senshi.com/chashibu-cause-taisaku

 

麦茶も緑茶も古くから多くの人に親しまれている飲み物ですよね。

どちらも家庭で作る時はお茶の葉やパックをお湯を注いで作りますが、やかんや急須など何度もお茶を作っているとどうしても茶渋がついてしまい、こまめに洗っておかないとその茶渋が染みついてしまい取れなくなってしまいますよね。

 

茶渋がやかんや急須に付いたときは漂白剤などを使って綺麗にされるという人が多いかと思いますが、歯に茶渋がついてしまう事があるそうです。

麦茶は緑茶に比べるとまだ茶渋がつきやすいものでは無いかもしれませんが、毎日たくさん飲まれている人や茶渋が付きやすい歯の人もいるようです。

 

茶渋はお茶に含まれているタンニンなどの成分が口の中にあるたんぱく質と結合することによって歯についてしまうそうです。

スポンサーリンク


麦茶や緑茶の茶渋を取るには重曹?

麦茶 緑茶 茶渋 取る 重曹
http://kakublog.jp/mono/pot-hakuka/

 

麦茶や緑茶を飲んでいると歯に茶渋がついてしまう事があるそうです。

茶渋が付いてしまう原因として考えられるのが歯に細かな傷があり、その傷に茶渋が入り込み付いてしまう、歯磨きで細かいところまで磨けていないという事が原因として考えられるそうです。

 

一度ついてしまった茶渋は普通の歯磨きでは簡単には落ちてくれませんよね。

その時に家庭でできる茶渋落としに重曹が効果があるそうですが、あまり強くこすると反対に歯を傷つけることとなり、磨いた直後は白くなってもすぐに茶渋がついてしまうことになるようです。

 

その為、歯についた茶渋を取りたいのでしたら、歯を白くする効果があると書かれている歯磨き粉を使った方がいいようですね。

もしどうしても茶渋が取れない時は歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらう方が歯を傷つけることなく綺麗にしてもらえるので、時間に余裕があるのであれば歯医者さんに行かれる方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


まとめ

麦茶や緑茶を飲むと歯に茶渋がついてしまう事があります。

茶渋が付いたからといって虫歯になりやすくなるという事は無いそうですが、見た目にはあまり良くないですよね。

茶渋を落とすのに重曹も効果はあるようですが、強くこすり過ぎたりすると歯に傷を付けてしまうことになりますので、もし使うとしてもそっと優しくこするくらいでやめておいた方がいいかと思います。

家庭ではなかなか綺麗に落とすのは難しいと思いますので、できれば歯医者で歯のクリーニングをしてもらうのが一番かもしれませんね。