ラムネと言えばその容器の中に入ってるビー玉を取ろうと色々工夫をして頑張ったことがある人も多いのではないでしょうか。

ラムネは一つの会社で作られている物ではなく、何社が作られています。

その中でもサンガリアが作ってるラムネのビー玉を取り出す方法は?

ゴミの分別はどうなってる?

ラムネのビー玉の取り方について書いていきますので、参考にしてくださいね。

ラムネのビー玉の取り方、サンガリアの場合

ラムネ ビー玉 取り方 サンガリア
http://www.se0.info/

 

ラムネは飲むとシュワっとして夏になると飲みたくなる飲み物の一つですよね。

またお祭りなどの屋台で売られているラムネはいつもより美味しく感じる物でもあります。

 

ラムネと言えば容器の中にビー玉が入っていてそのビー玉の位置でラムネが出て来なくて角度を変えたりして飲んだことがあるのではないでしょうか。

ビー玉が飲み口を塞がないようにするには容器にある小さなくぼみにビー玉が来るようにして飲めばくぼみにビー玉が引っかかり飲み口まで来ず飲むことができますよ。

 

ラムネを飲んだ後中に入ってるビー玉が欲しくと傾けてみたり振ってみたりしてビー玉を取り出そうとされることがありますよね。

ビー玉の取り方はサンガリアの場合は公式で発表されている方法があり、ビール瓶などの栓を抜く時に使う栓抜き器を使って瓶にはめ込まれているキャップを外すことができるそうですよ。

ただ、簡単には外せないようにかなり固めにはめられていますので、強引に外そうとすると割れてしまうことがありますので、気を付けて下さいね。

 

50度前後のお湯でキャップを温めると外しやすくなるそうですので、試してみてくださいね。

栓抜きの口の形が円になっているものや、栓抜きの口の広さが15mmに届かないものはキャップを外すのに適してないようですので、確認してから使うようにして下さい。

スポンサーリンク


ラムネを飲んだ後の分別は?

ラムネ 飲んだ 分別
https://ja.wikipedia.org/

 

サンガリアのラムネは本体とキャップ、ラベルが外せるようになっていて、本体の瓶は瓶の日に、キャップ、ラベルはプラスティックゴミや燃えるゴミとして分別できるようになっています。

住まれている市町村によってラベルもプラスティックゴミのように分別が必要となっているところもありますので、分からない場合は一度確認してみてくださいね。

 

ラムネには瓶で作られている物と、プラスティックの物、缶タイプの物があり、それぞれゴミの分別が違ってきます。

面倒かもしれませんが、きちんと分別してゴミに出すようにして下さいね。

スポンサーリンク


まとめ

ラムネの容器の中にはビー玉が入っていて、子供の頃ビー玉を取り出そうとして四苦八苦した経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

最近ではキャップを外せばビー玉を取り出せるものもあるようです。

ただ、固くはまっているキャップを外すときは間違って割ってしまうこともあるようですので、気を付けるようにして下さいね。