扇子の売り場はドンキホーテや100均などのダイソ-なのでしょうか?値段や種類はどうなっているのでしょうか?

夏などの暑い時の外出先であると便利なのが扇子ですよね。

うちわもいいのですが、扇子だと折りたたむことができてカバンに入れて持ち歩くことができてかさばらないので、持ち歩かれている人も多いかと思います。

その扇子はドンキホーテや100均などで売られているのでしょうか。
値段や種類はどれくらい?

扇子はどこに売ってるのか、値段や種類はどれくらいあるのかなどについて書いていきますので、見ていって下さいね。

扇子の売り場はドンキホーテや100均?

扇子 売り場 ドンキホーテ 100均
http://www.ballerinart.jp/?pid=59838376

 

扇子は夏の暑い時期などの外出先に持っていくと便利ですし、うちわと違って折りたたむとコンパクトになるため、カバンに入れても邪魔にならずに常に入れてるという人も多いと思います。

扇子は数本から数十本の細長い竹や木で作られた骨を束ねたもので、固定されている部分の骨を親指でずらすように押すことによって開くものとなっています。

中には扇子を振るだけで開くものもあるそうです。

 

扇子はデパートやLoft、スーパーなど多くのお店でも売られていますし、ドンキホーテやダイソーといった100均のお店でも売られているそうです。

本格的なものが欲しい時はやはりデパートや和装用品店などで探された方がより多くの種類の扇子が売っていますので、いいと思いますよ。

スポンサーリンク


扇子の値段や種類は?

扇子 値段 種類
http://kimonoasobi.seesaa.net/article/36554012.html

 

扇子は100均で売られているように安い物では100円程の金額で購入することができますが、それなりの物になると4.5000円程の値段するものもありますし、もっと高ければ10000円を超える扇子もあるかと思います。

何か特別な時は高価な扇子と言ったように使い分けるようにすると長期間使うことができるのではないでしょうか。

扇子は紙扇子、生地扇子、白檀という扇子があります。

 

紙扇子は扇面が紙で作られた扇子で3枚に貼り合わせた紙に扇骨を差し込んで作られている扇子です。

生地扇子は扇面が生地で作られた扇子で片面貼りで仕上げられています。

白檀は香木・白檀を使った板扇で、透かし彫りなどの装飾が施されていてあおぐと上品な香りを楽しむこともできる扇子となっています。

この他に扇子がプラスチックで作られていて、プールなどで水に濡れても大丈夫というものも売られていますので、自分の使い道によって扇子を選ばれてもいいと思いますよ。

スポンサーリンク


まとめ

夏になると扇子を使って風を起こして涼しさを感じますよね。

うちわと違い折りたたむことができて持ち運びが便利な扇子はドンキホーテや100均といった店でも購入することができます。

様々な種類の扇子がありますので自分好みの扇子を選んでみてくださいね。