カビが押し入れに!掃除方法や対策、服などはどうするべきなのか?

湿気が家の中に溜まってしまうと壁や押し入れ、水回りにカビが発生してしまうことがありますよね。

もしカビが押し入れに発生してしまった時は掃除や対策はどうすればいいのでしょうか。

また、服にカビが付いてしまった時は?

カビが発生した時の掃除方法や、対策について調べましたので、参考にしてくださいね。

カビが押し入れに発生した時の掃除方法や対策は?

カビ 押し入れ 発生 掃除方法 対策
http://www.asaikenchiku.com/sekou/detail_381.htm

普段使わない部屋の押し入れなどは湿気の多い時期など扉を開けないでいると気づいたら押し入れにカビが発生してしまっていたなんてことがあるかもしれません。

まず押し入れにカビが発生してしまったら、中に入ってる物を全て出し、カビがどれだけ発生してるのかを確認することと、中に入れていたものにカビが付いてないかを確認してください。

その後、カビの胞子が入らない様にマスクをして、押し入れ内にある埃を取り除きます。

押し入れの中の埃も取り除いたら濡れ雑巾でカビを拭き取ります。

 

それでもカビが取れない場合は消毒用のエタノールを雑巾に付けてふき取るとよりカビを取りやすくなるそうです。

店舗によってはスプレータイプの物があるそうですので、そちらを購入して直接カビにかけるのもいいですよ。

 

それでも取れない頑固なカビにはカビキラーなどの塩素系漂白剤を使うとより高い効果があるそうですが、ここで問題なのが、押し入れの壁が変色してしまう恐れがあることです。

壁が変色してもカビを取り切りたいというのであれば漂白剤を使われるといいかと思いますが、そこまではちょっと無理と思われるのでしたら止めた方がいいかもしれませんね。

 

カビが発生したら掃除すると取ることはできるかと思いますが、対策をしておけばカビの発生を防ぐことにもなりますし、掃除の手間が省けるのでいいですよ。

対策といってもただ、天気の良い日などは押し入れの扉を開けて換気をする。

それだけで押し入れの湿気を取り払うことができ、カビの発生を抑えることができますので、外出する時や天気の良い日は家じゅうの窓を開けて家じゅうの湿気を追い払うようにして下さいね。

また押し入れにすのこを入れておくのも湿気を取るのに効果がありますし、湿気取りグッズを入れておくのも押し入れの除湿になるのでお勧めですよ。

スポンサーリンク


服にカビが付いてしまった時はどうする?

服 カビ
http://yachazax.com/dress-mold/column01.html

 

押し入れにカビが発生することは湿気が多い時期だと起きてしまうことがあるかもしれませんが、服にもカビは発生してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

服に付いてしまうカビに白カビと黒カビがあるそうで、白カビの場合は比較的取りやすい物だそうです。

 

最初にカビを殺菌するためにカビが発生した服を天日干しします。

夏場だと大体1~2時間、冬場だと大体2~4時間程天日干しをしてくださいね。

その後歯ブラシでカビの発生してる場所をこすって取り除きます。

取り除き終わったら衣類用の漂白剤を水に薄めて再度こすり、その後洗濯機で洗濯して干せばカビの除去は完了になります。

 

次は黒カビですが、綺麗に取りたいというのでしたら確実なのはクリーニング店で洗ってもらうことが確実であるようです。

自宅でできる除去方法としてはお湯に衣類用漂白剤を溶かし、その中に服をいれ、一時間程放置しておきます。

この時のお湯は40℃から60℃ほどの高さにしておくとよりカビの除去に効果があるそうですよ。

時間が経ったらそのまま洗濯機で洗濯し、天日干しでよく乾かすようにして下さい。

この方法でカビの除去はできるようですが、色が完全には取り切れないことがあるようですので、元通りにしたいと思われるのでしたらやはりクリーニングに出された方がより綺麗にしてもらえると思いますよ。

まとめ

湿気が押し入れに溜まった状態で放っておくと壁などにカビが発生してしまいます。

カビが発生してしまったら漂白剤などを使って取り除くことができますが、成分がきついものだと壁の色が変形してしまうことがありますので、注意して下さいね。

服に付いたカビも取り除くことができますが、自宅で除去するにも限界があるため、元通りにしたいと思われる時はクリーニングに出す方がいいかもしれませんね。

押し入れや服にカビが発生しないためにはやはり湿気をその場所に溜めないようにすることがとても大切です。

定期的に風邪を通して湿気が溜まらないようにするなどしてカビの発生を抑えるようにするようにして下さいね。