ジュースやお茶など飲み物が入っているペットボトルは燃えるゴミで出しても良いのか?燃えないゴミでなければ出しても大丈夫なのでしょうか?

喉が渇いたときに飲むジュースやお茶などの多くがペットボトルの容器ですよね。

紙パックに比べると蓋も閉めることができてとても便利ですが、ゴミとして出すときに燃えるゴミとして出しても良いのでしょうか。

燃えないゴミで出さなければ出しても大丈夫なのでしょうか。

こういった点について書いていきますので、見てくださいね。

ペットボトルは燃えるゴミに出して良い?

ペットボトル 燃えるゴミ 出して良い
https://www.city.nagano.nagano.jp/site/kateigomi/2351.html

ペットボトルは合成樹脂の一つであるポリエチレンテレフタラートと呼ばれる材料を使って作られている容器で、主に飲料容器や調味料などの容器として使われています。

紙パックジュースと違い蓋をしておけることからその場で飲み切らなくても飲みたいときまで置いておくことができて便利な容器ですよね。

 

以前は醤油などの調味料には瓶が使われていましたが、現在スーパーなどで多く売られている調味料はペットボトル容器に入って売られているかと思います。

倒しても割れる心配もなく使いやすいペットボトルですが、使いきった後は燃えるゴミとして出しても良いのでしょうか。

 

ペットボトルの出し方は市町村によって異なり、燃えるゴミとして出しても良いとされているところもあるようです。

これはゴミ処理場が関係していて、分別して出してもらうとその保存場所が確保できなくなるということから焼却してゴミの容量を減らすという方法をとられている市町村もあるみたいですね。

ですので、必ずしもペットボトルは燃えるゴミとして出しても良いとは言えず、住まれている市町村のゴミの出し方を確認してから出すようにするのが一番かもしれませんね。

スポンサーリンク


ペットボトルは燃えないゴミで出さなければ大丈夫?

ペットボトル 燃えないゴミ
http://ec.midori-anzen.com/shop/g/g4068822510/

ペットボトルは再生できる資源として資源ごみの日に出すと決めれている市町村も多くあります。

中には先ほど書いたように燃えるゴミで出しても良いとされている所もありますが、燃えないごみの日に出さなければいつ出しても大丈夫なのでしょうか。

 

資源ごみとして出す場合市町村で決められた出し方を守ってペットボトルを捨てるようになっています。

中の飲み物が残っていたり、たばこなどの吸い殻が入った状態で出すと再生できないそうですので、資源ごみとして出す際には綺麗に洗ってから出すのが大前提の様ですね。

 

もし汚れが落ちなかったり、中のゴミを取ることができない場合は燃えないゴミとして出すようにと言われているところもあるようです。

ですので、ペットボトルはその状態によっては資源ごみになったり燃えないゴミや燃えるゴミとして出しても良いなど変わってきます。

毎回出し方を変えてしまうとややこしくなりますので、最初から資源ごみとして出すのであれば洗浄などをしっかりするといったことを習慣づけておくといざ捨てる時に迷われることが無いかもしれませんね。

スポンサーリンク


まとめ

ペットボトルをゴミとして出す際、燃えるゴミとして出しても良いとされる市町村や資源ごみとして出さないといけないと決められている市町村があります。

再利用するためには中の飲み物が残っていたりゴミが入ったままだとできないので、出すときには決められた方法で分別して出すようにして下さいね。