飲食店の閉店のその後は?理由やタイミングはどうなっている?

様々な種類の飲食店がありますが、久しぶりに店に行くと閉店していることがありますよね。
常に暇そうにしている店だと何となく閉店したのも納得できますが、その後はどうされているのでしょうか。

また、閉店を決めた理由やそのタイミングはどう決めているのでしょうか。

飲食店の閉店のその後や、閉店する理由やタイミングはどうなっているのでしょうか、調べましたので、見ていって下さいね。

飲食店の閉店のその後は?

飲食店 閉店 その後
https://recipe-book.ubiregi.com/articles/shippai-jirei-heiten-riyuu/

最近は色々な種類の飲食店が数多く出店されていますよね。

そんな飲食店ですが、食べに行こうとしたり、店の前を通ったらいつの間にか閉店していたなんてことがありますよね。

飲食店が閉店してしまうとその後はどうなるのでしょうか。

 

飲食店では様々な許可を得て営業をされていますので、その許可証を発行しているところに廃業届を出すことから始まります。

取引先の業者などにも連絡をしておくのも大切です。

お店が賃貸の物件でしたら最初の契約で元の状態に戻さなければいけないのか、そのままの状態でよいのか契約の内容によって変わるそうです。

スポンサーリンク


飲食店が閉店する理由や、タイミングは?

飲食店 閉店 理由 タイミング
http://www.womaninsight.jp/archives/153793

飲食店が閉店する理由として多いのが、やはり目標よりも売り上げが行かず、赤字続きになり営業ができなくなったというのが多いのではないでしょうか。

どんなに美味しい料理を提供していたとしてもそれ以外に賃料が高かったり、従業員の給料など様々な経費がかかります。

見通しが甘いとこれらが売り上げよりも高くなり、営業を続けることができなくなったという理由があるようです。

 

この他には高齢になりこれ以上営業することが難しくなったなどと言う理由もあります。

閉店を決めるタイミングとしては閉店資金があるうちに閉店を決めるのが良いそうです。
開店する時と同様閉店する時もお金が必要になります。

先ほども書きましたが、賃貸の場合店を元に戻すためにお金が必要になりますし、調理器具などリース品の残債が残っているとそれらの支払いも必要になってきます。

閉店すると決めるには勇気のいる事ですが、取り返しのつかない状態になるまでに決断することが大切になります。

まとめ

飲食店はまず1年を乗り越えることが大切で、その次が3年の壁があるそうです。
誰もが乗り越えることは難しく、閉店を決断する店もあるかと思います。

閉店した後は様々な手続きをしたり、賃貸なら原状回復させたりとしなければならないことが多くあるかと思います。

閉店する理由やタイミングは人それぞれかもしれませんが、多くや売り上げが思っていた以上に伸びなかったりがあるそうです。

タイミングは閉店資金が残っている間に決めることが後のことを考えると良いそうですので、もし店を閉店させるか悩まれているのでしたら早めの決断を下すことがこの次の生活につながっていくと思います。