昼夜逆転デメリットは寿命・うつ悪化・頭痛・睡眠障害で不眠症などなのでしょうか?

仕事で夜勤だったり、長期の休みでいつの間にか昼夜逆転の生活になってしまったりと、昼夜逆転になってしまう原因は色々あると思いますが、デメリットは何かあるのでしょうか。

寿命やうつが悪化したり、頭痛、睡眠障害や不眠症などを引き起こしてしまうのでしょうか。

昼夜逆転のデメリットについて調べましたので、見ていって下さいね。

昼夜逆転のデメリットは?

昼夜逆転 デメリット
http://www.kirei-kenkou.com/tixyuuyagixyakutenn/

仕事で夜勤がある人や長期休暇などで夜型になり、いつの間にか昼夜逆転の生活を送ってしまっているという人も多くいるのではないでしょうか。

夜勤の人は仕事ですが、夜に家で自分の好きなことをするのは周りも静かですし、気づくと没頭してしまっていることもあるかと思います。

昼夜逆転の生活を続けていると何かデメリットはあるのでしょうか。

 

まず人間は日中起きて活動するように体がなっているため、昼夜逆転の生活をずっと送っていると、自律神経やホルモン分泌に支障をきたしてくるそうです。

これらの分泌が減ってしまうとお肌の老化にもつながっていくことになるため、実年齢よりも更けて見られてしまうなんてこともあるようです。

 

また日光を浴びない生活を送っているとビタミンDが生成されなくなり、骨がもろくなる骨粗しょう症などを引き起こしてしまう原因になるようです。

昼夜逆転の生活では基本的に家で過ごすことが多くなり、他の人と話す機会が一気に減ってしまい対人関係が希薄になり、ひどくなると社会的疎外感を感じてしまうとそうです。

夜は静かで自分のことを思いっきりできて快適に過ごせると思われるかもしれませんが、デメリットもたくさんありますので、気を付けないといけないですね。

スポンサーリンク


昼夜逆転は寿命・うつ悪化・頭痛・睡眠障害で不眠症を引き起こす?

昼夜逆転 寿命 うつ悪化 頭痛 睡眠障害 不眠症
http://kansetsutamashii.seesaa.net/article/429086052.html

昼夜逆転にはデメリットがあると書きましたが、寿命やうつが悪化したり、頭痛、睡眠障害などが原因で不眠症を引き起こしてしまうことがあるのでしょうか。

 

昼夜逆転の生活を送っていると自律神経や免疫力が低下し、やる気や記憶力の低下などがおき、うつ病を発症、悪化しやすいそうです。

他の人との接触もなく、感情のコントロールが抑制することが難しくなるためうつを悪化させてしまうという悪循環に陥ってしまうことがあるそうです。

 

また、太陽を浴びることによって体内に分泌される「セロトニン」というホルモンがあります。太陽の光を浴びない事で、これが少なくなるとうつ病や自律神経失調症の引き金になるとも言われています。

あと、昼間に寝るということは他の人が活動している時間帯ですので、宅急便などの訪問や、道を通行する人の声、家族や友人から電話がかかってきたリなどで寝ていても起こされてしまうことがあり、夜に寝るよりも睡眠の質が悪くなる傾向があるそうです。

 

そういったことが重なると慢性的な睡眠不足になり、頭痛を引き起こしたり、寝つきが悪いや、眠れないなどといった睡眠障害を引き起こす原因となってしまいます。

こういった症状が重なると病気を発症しやすくなり、寿命も短くなる原因になるかもしれません。

不眠症が続くと精神面だけでなく健康面にも影響が出てしまいますので、現在昼夜逆転の生活を送られているのでしたら、ここは一つ元の日中の生活に戻すように頑張ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

昼夜逆転の生活を送っていると他の人に邪魔されることなく自分の好きなことをして過ごすことができて楽しいかもしれません。

長期間昼夜逆転の生活を過ごすのはデメリットが多くあり、精神面にも健康面にも良くない症状を引き起こしてしまいますので、できるだけ日中活動するように体を戻していくのがいいのではないでしょうか。