鈴虫の鳴き声ですが、耳に心地よければ良いのですが、あまりにうるさい時の対策はあるのでしょうか。

また、鈴虫が鳴く時期や鳴かない理由はあるのでしょうか。

スズムシの鳴き声がうるさい時の対策や、鳴く時期や鳴かない理由について調べましてので、見てくださいね。

鈴虫の鳴き声がうるさい時の対策は?

鈴虫 鳴き声 うるさい時 対策
http://やきうどん.com/archives/1580.html

鈴虫はリーンリーンという鳴き声がとても綺麗で思わず聞き入ってしまうことが多いかと思います。

ですが、あまりにも鈴虫の鳴き声がうるさい時の対策は何かあるのでしょうか。

 

ススムシの鳴き声は繊細な鳴き声で風流がありますよね。

ですが、その鳴き声も大きくなればやはりずっと聞いていられずうるさく感じてしまいますよね。

もし家の庭や外から鈴虫の鳴き声がうるさいと感じる時は一番簡単な方法が窓を閉めることになるかと思います。

窓を閉めることによって外の音を遮ってくれますので、うるさかった鈴虫の鳴き声が気にならなくなるのではないでしょうか。

 

他には防音性などの機能があるカーテンを窓に取り付けるのもいいかもしれません。

その時に断熱や光を遮断する効果のあるものを選べば部屋の中の気温も上がりにくくなりますので、いいかもしれません。

 

鈴虫は草むらなどに身を隠しています。

ですので、手間はかかるかもしれませんが、家の庭にいる場合は庭の草むしりをすることによって鈴虫の住処が無くなりますし、他の虫も減りますので、時間や体力に余裕がある人は試してみてくださいね。

家で鈴虫を飼育している時は寝る部屋とは別の部屋に鈴虫を移動させる、先ほど書いたように防音性のある生地を鈴虫を飼っているケースに被せておくという方法があります。

また、スズムシはオスがメスに対して求愛行動として鳴き声を出すそうですので、メスだけを飼育したり、オスの数を減らすというのもうるさくなくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


鈴虫が鳴く時期や、鳴かない理由は?

鈴虫 鳴く時期 鳴かない 理由
http://www.iseebitarou.net/entry/2015/10/09/233401

では鈴虫はいつから鳴くのでしょうか。

鈴虫は6月上旬に孵化し、2ヶ月の幼虫期間を経ってから成虫になります。
ですので鈴虫は夏の終わりごろから鳴くイメージがあるかもしれませんが、早ければ7月下旬から8月くらいから鳴き始めます。

成虫になってからおよそ2か月間の繁殖期間があり、10月下旬には鈴虫の短い一生を終えるそうです。

 

繁殖期間にメスは産卵し、その卵は冬を越して次の夏に孵化することになるそうです。

 

よく鳴くと言われている鈴虫のオスが鳴かない理由はあるのでしょうか。
オスが鳴くのはメスに求愛するために鳴くそうです。

またライバルでもある他のオスの鈴虫が鳴いていたり、縄張り争いや、喧嘩をするときなどに特に鳴くそうですので、これらの条件がそろわないと鳴かないことがあるようですね。

また、飼育している鈴虫がまだ鳴かないとよく見て見るとまだ成虫になっていない幼虫だったということもあるそうですので、一度確認してみてくださいね。

まとめ

鈴虫は夏の終わりから鳴くと思われているかもしれませんが、7月の下旬から鳴き始めるそうです。

また他にライバルであるオスがいなかったり、メスがいなかったりすると鳴かない場合があるそうです。

飼育する時はあまり数を増やすと鳴き声がうるさくなってしまうことがありますが、メス1匹とオスを何匹か買うようにすれば良いかもしれませんね。