飛行機はかなり上空を飛んだりすると気圧変化で頭痛を引き起こしてしまうことがあるそうです。

この頭痛を治すのに耳栓をすれば良いのでしょうか。

つけるタイミングや外す時はいつなのでしょうか?

飛行機の気圧の変化で頭痛を引き起こしてしまった時に耳栓をすれば治るのか、いつ付けて外せばよいのでしょうか。
調べましたので、参考にしてくださいね。

飛行機の気圧の変化で頭痛になった時耳栓で治る?

飛行機 気圧 変化 頭痛 耳栓 治る
http://nori510.com/archives/25001

飛行機に乗って海外旅行に行かれたり、仕事などの出張などで利用する人は多くいるかと思います。

車などと違い移動時間も短縮することができ、海外などにも船などに乗って行くことよりも断然早く到着することができます。

 

飛行機はかなり上空まで飛ぶため、気圧の変化が少なからず現れてしまいます。

機内では気圧の変化を最小限に抑えられてはいますが、地上に比べて0.7~0.8気圧まで減圧されているそうです。

そのことから飛行機に乗るたびに頭痛を引き起こしてしまうという人がいるようです。

 

ではなぜ飛行機に乗ると頭痛を引き起こしてしまうのでしょうか。

先ほども書いたように飛行機内の気圧は地上に比べ少ない気圧になっています。

その為耳と鼻をつなぐ副鼻腔や耳菅が狭い人はこの気圧が減ることによって鼓膜の内側にある中耳内の空気が膨らんだままになり、鼻まで空気を抜くことができなくなり、鼻腔内の粘膜である三叉神経が刺激されて頭痛を引き起こしてしまうそうです。

 

そうなった時には耳抜きと呼ばれる耳から空気を抜く方法を試すと良いと言われていますが、うまくいかないときもあります。

そんな時に便利な物が耳栓です。

普通の耳栓ではなく飛行機での気圧の変化による耳の深い軽減用の耳栓が良いそうです。

防音などの効果はあまり無いようですが、気圧変化による頭痛を予防するための物ですので、飛行機に乗るたびに頭痛などに悩まされるというのでしたら一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


飛行機の気圧の変化で起きる頭痛を治す耳栓はいつ付けていつ外す?

飛行機 気圧 変化 起きる 頭痛 治す耳栓 いつ 外す
http://www.moriya-blog.com/-flight

ではいつその耳栓を付けたりすれば良いのでしょうか。

大体飛行機が下降する時に気圧の変化が大きくなるため、頭が痛くなってしまうことが多いようですので、到着する前から耳栓を付けると良いようですね。

ただ離陸する前から耳栓を付けても良いのではないでしょうか。

飛行機が着陸して耳栓を外すときは勢いよく外さずにゆっくり優しく抜くようにして下さいね。

 

気圧の変化は飛行機に乗っていると誰も感じてしまうことですが、耳栓をつけることによって頭痛など体の不調を予防することがありますので、上手に耳栓を使って頭痛を引き起こさないようにして快適な飛行機の時間を過ごしてくださいね。

まとめ

飛行機は長距離の場所も車や船などに比べると短時間で移動する事ができるとても便利な乗り物ですよね。

ですが空を飛ぶため気圧の変化があるため、頭痛を引き起こしてしまう人もいるそうですので、気圧の変化を予防する耳栓がありますので、耳栓を使って飛行機に乗るたびに頭痛を引き起こし体調を崩すことを防ぎ、快適に過ごせるようにして下さいね。