インターンシップは職場の雰囲気など実際に会社に行って経験することができる制度になっていますが、風邪をひいて欠席するときはどうしたらよいのでしょうか。

サボる目的で休んでもいいのでしょうか。

インターンシップを風邪で欠席するにはどうすればよいのかや、サボる目的で休んでも良いのかについて書いていきますので、見てくださいね。

インターンシップを風邪で欠席するには?

インターンシップ 風邪 欠席
http://www.isuzuseisakusho.co.jp/

インターンシップは大学生が就職活動を始める前に自分の適性を知ったり、興味のある業界を経験することができるとてもよい制度だと思います。

早い人では大学1.2年生の時からインターンシップに参加している人もいるそうで、就職をするためには一度はインターンシップを経験しておくといいかもしれません。

 

インターンシップに参加したけど風邪をひいてしまい、欠席する時はどうしたらよいのでしょうか。

体調不良で休むとしてもまず就業時間が始まってすぐに担当の人に連絡し、風邪をひいて休ませてもらいたいと伝えないといけません。

 

体調が悪いから寝ていて、連絡がお昼過ぎていたりなんてことをしてしまうと自分の信用が落ちてしまいますので、できるだけ早い時間に連絡をしておくようにして下さいね。

その時に、いつまでには出られるのか目安も伝えておくといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


インターンシップをサボる目的で休むのは?

インターンシップ サボる 休む
http://kioku-ya-magazine.blog.jp/archives/8237216.html

インターンシップはその企業によって内容は違うかもしれませんが、会社に通って自分も仕事をすることになります。

遊ぶ予定などがある時は前もって伝え、休みを取ることが大切ですが、当日になって気分が乗らないから休みたいとサボり目的で休むのは社会人としてしてはいけないことだと思います。

 

サボり目的の時によく使われる理由が親の体調が悪かった、親戚に不幸があったなどがあるそうです。

本人はうまい理由だと思っているようですが、聞いた方からするとサボりだな、と感じてしまうことが多いようです。

次の日に話しかけたら自分が休んだ理由があいまいになっているなどがあるようです。

 

学生のうちは当日面倒だから休んでも怒られることはありませんが、社会人になると表だって怒られることは無くてもその人の信用は一気になくなり、大切な仕事を与えてもらえなくなったり、昇進などにも響いてくることになります。

インターンシップだからと言ってサボっても大丈夫なことはありませんので、決められた期間きちんと経験を積んできてくださいね。

まとめ

インターンシップは社会勉強できる学生にとっては社会人の仕事内容など身をもって経験することができる制度になっています。

まだ社会人ではありませんが、その会社で仕事を手伝ったりしていますので、その日行きたくないからとサボったりすると一気に信用がなくなりますので、サボることのないように頑張ってくださいね。