お祭りなどに出ている屋台によくあるのがわたあめですが、わたあめの保存方法や、賞味期限はどれ程になっているのでしょうか。

また、持ち帰りの時や長持ちさせる方法はあるのでしょうか。

わたあめの保存方法や賞味期限、持ち帰りや長持ちさせる方法について調べましたので、見てくださいね。

わたあめの保存方法や賞味期限は?

わたあめ 保存方法 賞味期限
http://cuisinearticle.com/5326

お祭りなどの屋台でよく見かけるわたあめ、子供のころに良く親に頼んで買ってもらったことがあるという人は多いのではないでしょうか。

人気のキャラクターの袋に入っているわたあめは食べ始めた時は甘くて美味しいのですが、時間が経つにつれて食べきれなくなったりして残してしまうことが多いと思います。

 

そんなわたあめを保存する方法はあるのでしょうか。

わたあめは袋から出してすぐに食べないと湿気を吸収してしぼんでしまったり、固くなってしまうそうです。

せっかくのふわふわ感がなくなるとわたあめとは言えなくなります。

 

そのわたあめが次の日までふわふわの状態を保てる方法として冷凍保存が良いそうです。

袋の口を輪ゴムで閉めてから冷凍庫に入れておくだけです。

そうすると次の日にわたあめが凍ったりすることもなく、ふわふわの状態を保っているそうです。

 

では賞味期限はいつまでなのでしょうか。

わたあめの原材料であるザラメの賞味期限は大体1年ほどですが、さすがにわたあめ状になったものは無理かと思います。

やはり買った次の日には食べきるようにした方が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク


わたあめの持ち帰りや長持ちさせる方法は?

わたあめ 持ち帰り 長持ちさせる方法
http://tabelog.com/rvwr/001925581/diarydtl/123115/

先ほども書いたようにわたあめは袋の口を開けたままでいると湿気を吸収し、しぼんだり、固くなってしまいます。

そうならないように食べるとすぐに口を閉じた状態で持ち帰るようにすることが大切かと思います。

長持ちさせる方法はやはり冷凍させることが一番かと思います。

 

また湿気を無くすために袋の中に乾燥材を入れて冷蔵庫で保管しておくという方法もあるようです。

もし多すぎて食べきれない場合は小分けにしたものを冷凍庫に保存しておいて食べたいときに小分けしたものを食べるようにするといいかもしれませんね。

まとめ

わたあめは甘くてとても美味しいものですが、時間が経つとしぼんでしまったり、固くなってしまい、食べるには残念なことになっていますよね。

わたあめは湿気や熱にとても弱いものですので、食べきれない場合は冷凍庫に入れて保存しておくとふわふわの状態を保つことができ、美味しく食べることができます。

一度試してみてくださいね。