日焼けすると肌が黒くなったり、赤くなったりしますが、そのほかにも皮膚への影響はあるのでしょうか。
老化やかゆみ、ブツブツになってしまう?

紫外線の皮膚への影響について調べましたので、見ていって下さいね。

紫外線の皮膚への影響は?

紫外線 皮膚 影響
http://www.tvert.jp/news/310

紫外線を浴びると肌が黒くなったり、あまり浴びすぎてしまうと頭が痛くなってしまうという人もいますよね。

この他にも紫外線が皮膚に与える影響は何があるのでしょうか。

 

紫外線にはUVAとUVBの2種類があり、それぞれに違うダメージを与えるそうです。

UVAは紫外線の約95%を占めていて、肌の奥の真皮まで届き、肌の弾力を保つコラーゲンなどを変性させ、その結果弾力が弱まり、シワを引き起こしやすくなってしまうそうです。

 

またメラノサイトを活性化させ、メラニンを作ってしまい、肌が黒くなってしまう原因となっています。

そして、UVBは肌の表面を中心にダメージを与えて、炎症を引き起こしてしまいます。

そのため紫外線を浴びると肌が赤くなってしまったり、黒くなってしまったりするようですね。

 

紫外線は初夏から夏に多く降り注ぐかと思いますが、一年中降り注いでいます。

冬や曇りでも紫外線は肌に届いているため、常日頃から紫外線対策をしておくことが大切になってきます。

スポンサーリンク


紫外線で老化やかゆみ、ぶつぶつができる?

紫外線 老化 かゆみ ぶつぶつ
http://chiebukuro.yahoo.co.jp

紫外線は肌に届くと赤くなったり、黒くなったりすると書きましたが、老化やかゆみ、ぶつぶつも引き起こしてしまうのでしょうか。

 

先ほども書いた紫外線の種類でUVAでコラーゲンなどの肌の弾力を保つ成分が変性させてしまうと書きましたが、これによって肌老化の原因になってしまいます。

コラーゲンなどが失われることによってハリや弾力が低下して、肌にシワやたるみが生じて肌細胞が老化してしまうそうです。

紫外線を浴びるとかゆくなって、ぶつぶつができてしまうことがあります。

このような症状のことを紫外線アレルギーであることが考えられます。

 

紫外線アレルギーは花粉症などと同じで紫外線を浴びると湿疹が出てかゆくなってしまいます。

もしこのような症状が出てしまった場合は早めに皮膚科を受診して治療してもらうようにして下さいね。

アレルギーになりますので、完治するという事は難しいため、普段から予防、対策をしっかりするようにしてアレルギーを引き起こさないようにすることが大切です。

まとめ

紫外線は適度に浴びる事が体の健康にも良いものですが、浴びすぎると肌の老化やかゆみなどを引き起こしてしまいます。

そうならないためにも普段から日焼け止めや帽子などで紫外線対策をしっかりしておいてくださいね。