外気に触れると溶けてしまうアイスを溶けにくくする方法はあるのでしょうか。

また、持ち運ぶときに溶けない方法なんてあるのでしょうか。

アイスは冷たくて美味しい食べ物ですが、せっかく買ったアイスが家に帰ると溶けかけていたなんて経験がある人も多くいるのではないでしょうか。

アイスを溶けにくくする方法や、持ち運びの時に溶けない方法があるのが調べましたので、参考にしてくださいね。

アイスを溶けにくくする方法は?

アイス 溶けにくくする
http://gokublog.seesaa.net/article/23312318.html

アイスは口に入れた時の甘さがとても美味しいものですよね。
買った時は冷えていたのにいざ家に帰って食べようとしたら溶けていたなんてことないでしょうか。

せっかくのアイスが溶けてしまっていたら台無しですよね。
そんなアイスを溶けにくくする方法は無いのでしょうか。

 

一番良い方法はドライアイスをアイスと共に袋に入れておくことが良いそうですが、全ての店でドライアイスをくれるところは無いかと思います。

そんな時は長時間は持たないかもしれませんが、保冷バックに保冷剤を入れておくと溶ける時間を少しは遅らせることができるかと思います。

 

完璧に溶ける事を避けるというのは難しいかもしれませんが、これらの方法でアイスを溶けにくくできるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


持ち運びの時溶けるのを防ぐ方法はある?

アイス 持ち運び 溶けるの 防ぐ方法
http://www.nihonbashi-dryice.com/bag.html

先ほども書きましたがアイスが溶けなくする方法というのは冷凍庫に入れておく以外ではないのではないでしょうか。

ドライアイスが一番溶けにくくする方法として効果的かと思いますが、自宅から持ち運ぶ場合ドライアイスを用意することが難しいかと思います。

 

持ち運ぶときに効果がある方法とすればビニール袋に氷を入れ、その袋に塩を入れて袋を閉じます。

その袋と共に保冷バックに入れると溶け始める時間を遅らせることができるかもしれません。

 

この時保冷バックではなく発泡スチロールに入れておくのも良いかもしれません。

アイスは冷凍庫に入れておかないと溶けていってしまいます。

これらを防ぐにはいかにアイスに触れる空気の温度を低く保つことが大切になるかと思います。

保冷剤や氷を入れて持ち運ぶときはできる限り出るギリギリまで凍らせていたものを入れるようにしてアイスが溶けるのを遅らせてくださいね。

まとめ

アイスは買ったりして持ち運ぶ際溶けてきてしまいますよね。

一番効果があるのはドライアイスかもしれませんが、この他にも溶けにくくなる方法もありますので、持ち運ぶときなどに試してみてくださいね。