夏になるとちょっと動いただけでも汗をかいてしまうことが多くなりますよね。
特に運動されていたりするとかなりの汗をかくこととなります。

そんなの時に制汗スプレーを使って汗を抑えている人もいるのではないでしょうか。
制汗スプレーは服の上からスプレーするものなのでしょうか。

スプレーすることによって服のシミに効く?

制汗スプレーの使い方などについて書いていきますので、見ていって下さいね。

制汗スプレーは服の上から?

制汗スプレー 服の上から
http://www.kiribai.co.jp/products/category/detail.html?pr=84

 

夏になるとちょっと動くだけで汗をかきやすい季節になりますよね。
汗をかくとともに気になるのが匂いですよね。

自分では気づいてなくても汗臭いと周りにも不快に思われてしまいますよね。
そんな時に便利なのが制汗スプレーです。

 

制汗スプレーをすることによって汗の匂いを消臭してくれたり、汗をかいた後のべたつきを抑えてくれる働きがあります。

制汗スプレーは肌に直接スプレーすることによってその効果を発揮するものでありますので、服の上からだと効果は少ないかと思います。

 

汗自体には匂いは無く、その人が持ってる常在菌などが汗に反応して匂いのもとを発しているそうです。

一番良いタイミングは入浴直後の肌が一番きれいな状態の時に制汗スプレーを使えば菌の匂いもないそうですので、効果が十分発揮できるタイミングになるそうですよ。

スポンサーリンク


制汗スプレーは服の上にすると?

制汗スプレー 服の上
http://yamahack.com/432

 

制汗スプレーは肌に直接スプレーすることによって汗を抑えたり、匂いを消臭してくれる便利な物です。

この制汗スプレーを服の上からかけてしまうとその成分が服についてしまい、洗濯した後も残っている場合、日光などの影響を受けてシミになってしまうことがあるそうですので、制汗スプレーを使用する時は服を着る前にスプレーするようにして下さいとメーカーからも言われているそうです。

 

面倒と思うかもしれませんが、制汗スプレーを使う時は必ず服を脱いだ状態で使用するようにして下さいね。

もし服についてしまい、シミや黄ばみになってしまった場合はまず台所洗剤でその部分を優しくもみ洗いします。

この時に汚れが落ちるのであればすすいだ後通常の洗濯をします。

 

もし落ちない場合は液体タイプの酵素系漂白剤を染み込ませ、ぬるま湯に入れて浸け置きしてくださいね。

その時に粉末タイプの酵素系漂白剤をプラスするとより効果がアップするそうですが、漂白力が強力なため、柄物の場合色落ちしない様に気を付けながら洗ってくださいね。

スポンサーリンク


まとめ

制汗スプレーは汗や匂いを抑えてくれるとても便利な物ですが、服に付くとシミや黄ばみの原因となってしまいますので、試用される際は必ず服を着る前にスプレーするようにして下さいね。