サンオイルは敏感肌の人でも赤くならないのか?水に強いのでしょうか?

肌の負担を少なく日焼けするのにサンオイルは効果的なものですよね。

サンオイルは紫外線で肌が火傷することを防ぐ効果があるとされていますが、敏感肌の人が使っても肌が赤くならないのでしょうか。

また、サンオイルは水にも強くて塗った後も気にせず海などに入ることができるのでしょうか。

サンオイルは敏感肌の人でも使うことができるのなど書いていきますので、参考にしてくださいね。

サンオイルは敏感肌の人でも赤くならない?

サンオイル 敏感肌 赤くならない
http://blog.goo.ne.jp/get_better4u/e/6a9b5af5d2fbc4d26e40b34bb274f3b0

 

サンオイルは紫外線によって起きてしまう肌の火傷を軽減する効果があり、日焼けをしたい人はサンオイルを使って焼くと肌の負担も少なく焼くことができますよね。

人によっては敏感肌の人もいて、日焼けしてしまうと肌が赤くなってしまうことがあります。

サンオイルは敏感肌の人が使っても赤くなることは無いのでしょうか。

 

敏感肌の人は普通の肌の人に比べると刺激にも弱いためいきなりサンオイルを使うと肌の負担が増えてしまうことがあるので、赤くなってしまうことがあるかもしれません。

そうならないために日焼けをしたいけど敏感肌だからと躊躇されているのでしたら、まずは日焼け止めを塗った状態で紫外線を防ぎながら日焼けすることによって肌が日焼けに対して慣れさせることになります。

ある程度日焼けに慣れてくればサンオイルを使っての日焼けをすることができるそうですよ。

スポンサーリンク


サンオイルは水に強い?

サンオイル 水に強い
http://info-var.net/

 

サンオイルは紫外線によって起きる肌の火傷を防いで日焼けさせることができる物ではありますが、水にぬれてしまうと落ちてしまうそうです。

ですので、プールなどではサンオイルを塗って入るとサンオイルが取れてプールの水が汚れてしまうことがあるため、使用禁止されているところが多いようですね。

 

なので、サンオイルは水に強いというよりも弱いと言えるかと思います。

日焼けしたくてサンオイルを塗る場合、水にぬれてしまうと落ちてしまいますので、海などに入った後は再度サンオイルを塗り直すようにして下さいね。

スポンサーリンク


まとめ

サンオイルは敏感肌の人はすぐに使用せずに日焼け止めを最初に塗って徐々に日焼けしてからだと使うことができるようです。

ただ、敏感肌であるという事は刺激に弱い肌であることが多いので、サンオイルを塗って肌に異常が見られる時はすぐに洗い流すようにして下さいね。

水に濡れてしまうとサンオイルは取れてしまいやすくなるため、海などに入った後は再度サンオイルを塗るようにして下さいね。