サンオイルを顔に塗る時の塗り方を紹介していきます。効果はあるのでしょうか?

サンオイルを塗って日焼けすると綺麗に焼くことができて、体を焼きたい人はサンオイルを使用されているのではないでしょうか。

そのサンオイルを顔に塗る時の塗り方は?
顔に塗った時の効果は?

サンオイルを顔に塗る時の塗り方などを紹介していきますので、参考にしてくださいね。

サンオイルを顔に塗る時の塗り方!

サンオイル 顔に塗る 塗り方
https://hifuka.co/?p=39154

 

サンオイルは肌を綺麗に焼くことができると日焼けをしたい人がよく使われるものですよね。

実はサンオイルは肌をより日焼けさせるものではなく、日焼けによる肌の炎症を防ぐ働きのあるものとなっています。

 

何も塗らない状態で日焼けするよりもサンオイルを塗って日焼けしたほうが肌の負担も少なく綺麗に焼ける物となっています。

ですが、長時間日焼けするとサンオイルの効果が薄れて肌の負担が増えてしまいますので、気を付けて下さいね。

 

そのサンオイルは顔に塗ることができますが塗る前にはきちんと肌のスキンケアをしておくようにして下さいね。

夏場は顔にも多く汗をかきますので、サンオイルを塗る前に洗顔して化粧水などで肌を整えてからサンオイルを塗ると汗などで落ちてしまうことを防ぐことになります。

特に頬や鼻は汗をかきやすく顔の中でも高い位置にありますので、重ね塗りをするとより良いそうです。

 

塗り方としては10円玉くらいの量を手のひらに出してから丁寧に重ね塗りするようにしてくださいね。

そうすることによって塗りムラを防ぐことができますので、いいですよ。

サンオイルには化粧下地として使える物もあるそうですので、これを使ってからファンデーションを付けるのもお勧めです。

スポンサーリンク


サンオイルを顔に塗った時の効果は?

サンオイル 顔に塗った 効果
http://www.rainforestherbs.jp/blog-date-201308.html

 

サンオイルは顔に塗ることができる物ですが、どれくらい効果があるのでしょうか。

効果はやはり人それぞれではあるかと思いますが、サンオイルを塗ってるのと塗ってないのとではやはり日焼けした後に顔が赤くなってしまうことが無く焼くことができるかと思いますので、効果はあると思いますよ。

 

先ほども書きましたがいくら紫外線のダメージを和らげてくれるといっても限度がありますし、元が白い人だといきなり焼くと肌の負担が大きくなってしまいます。

初めてサンオイルを使う時は使う時間を徐々に伸ばしていって肌自体に日焼けに対して強くさせてからにしておくといいかもしれませんね。

あまり日焼けしてしまうとかなり黒くなってしまいますので、そちらも気を付けて下さいね。

スポンサーリンク


まとめ

サンオイルは肌に塗ることもできますので、顔も日焼けしたいと言う時に使うことができます。

中には化粧下地の代わりに使うことができるタイプもあるそうですので、そちらを使ってから化粧をするとより効果があるそうですよ。

顔に塗る時は一気に塗らず少量ずつ塗るようにすると塗りムラやつけすぎて白くなってしまうことを避けられますよ。

上手にサンオイルを使って綺麗に日焼けして下さいね。