上達すればするほど乗馬が面白くなるかと思いますが、雨の日でも乗馬することはできるのでしょうか。

その時の服装は雨具を着用?雪の日は乗馬できる?

乗馬できるようになると自然と姿勢も良くなり、見ていても颯爽と馬を操る姿はとても綺麗ですよね。

乗馬は雨の日にできるのか、服装はどのような服装なのかや、雪の日でも乗馬できるのかについて調べましたので、参考にしてくださいね。

乗馬は雨の日にできる?服装は?

乗馬は雨の日にできる?服装
http://jockey-club.jugem.jp/?eid=52

乗馬できるようになると馬との一体感を感じられたりと背筋も伸びて心も気持ちよくなるかと思います。

乗れば乗るほど乗馬の奥深さの虜になる人もいるかと思いますが、乗馬は雨の日でもできるのでしょうか。

 

基本的に雷や豪風などで無い限りは乗馬できるかと思いますが、長い時間だと人もそうですが、馬自身が風邪を引いてしまうことがあるそうですので、雨の日には乗らないという人もいるようですね。

また、下がぬかるんでいたり、冬場だと凍っている場合だと馬も足を取られてしまうことがあるようですので、普段よりも細かく馬の動きを見ながら乗馬される方がいいかと思います。

 

服装は特に乗馬用のレインコートを着用とまで決まっている洋ではないですので、100均などで売っているレインコートを着用してもいいですし、防水加工されているウィンドブレーカーでもいいみたいです。

ポンチョタイプだと足元がもたついてしまうことがあるそうですので、できれば上半身のみの雨具にしておくか、上下が分かれている物にするといいようですね。

馬は音にとても敏感ですので、カシャカシャ音がなったり、裾がひらひらするようなものは避けるようにして下さいね。

スポンサーリンク


乗馬は雪の日でもできる?

乗馬 雪
http://nagano-outdoor.com/littlefarmhasshiy-hakuba/

雨の日でも乗馬は楽しむことができますが、雪の日も乗馬をすることができるそうです。

 

とても寒いですが、馬自体の平熱が高いため乗っていると暖かいみたいですね。

雨の日と同じく道が凍っていたりすると足を取られてしまうことがあるようですので、雪の日に乗馬する際は十分に注意するようにして下さいね。

 

また乗馬スクールなどによっては屋内での乗馬になるところもあるようですので、雪の日に外で乗馬できるのかは先に確認しておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク


まとめ

乗馬できるようになると何度も乗りたくなるかと思います。

雨の日や雪の日でも乗馬することができるようですが、その時の服装としてはレインコートなどの雨具でもいいですし、防水加工された上着でもいいようです。

ただあまり裾が長いものだと動きづらかったりしますので、上下が分かれているタイプの物を選ぶようにして下さいね。

馬も生き物ですので、雨の日や雪の日に乗馬した時はその後しっかりと馬を乾かしてあげて風邪をひかない様にケアも忘れずにしてくださいね。