会社勤めしているとある転勤はなぜ必要なのでしょうか?その目的は何なのか?会社にとっていらない人が候補になる?

支社や支店がある会社に勤めていると転勤の話が出ることがありますが、なぜ転勤が必要なのでしょうか。

その目的は?会社にとっていらない人が転勤の候補になるのでしょうか。

転勤はなぜ必要なのか、目的は?いらない人が候補に挙がるのかについて調べましたので、見てくださいね。

転勤はなぜ必要?目的は?

転勤 目的
http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/zukkini03

会社勤めしていてその会社に支社や支店がある場合、入社する時などに渡される就業規則などに転勤があるといった内容がかかれていますよね。

これらを了承し、同意書にサインしてからその会社に入社することになるかと思いますが、そもそも転勤は必要なのでしょうか。

 

業種によってはあまり長い期間同じ場所にいると顧客との関係性が密になり過ぎて公平な判断ができなくなることがあるため、定期的に転勤があると言うところもあるようです。

また色々な地域に行くことによってより自分の力となり、仕事の幅が広くなるとも言われているそうです。

 

この他だと単純にその場所に人材が足りず、新人などが育つまではその場所で指導したりするために転勤を命じられることもあるようですね。

転勤にもその時々の会社としても目的はあるようですね。

スポンサーリンク


転勤はその会社にいらない人が候補に挙がる?

転勤 会社 いらない 候補
https://hr.wantedly.com/offer/personnel-changes/

よく転勤すると栄転や左遷などの言葉があるように会社にいらない人が候補に挙がるのでしょうか。

残念ながら仕事で成果をあげることができなかった、会社に不利益を出させたと言ったことがある人があまり活躍の場が無いところに転勤になるということはあるかと思います。

 

もし左遷されたと感じてしまったらそこでやる気を無くすのではなく、再度認めてもらえるようにその場所で仕事を頑張るしかないと思います。

ただ、転勤はいらない人が候補に挙がるということばかりではなく、その人の力を認めてその場所でより発揮してもらいたいといった意味で転勤の場合がありますので、自分が栄転なのか左遷なのかはその場所でどれだけ仕事をするのかによって変わってくると思いますよね。

スポンサーリンク


まとめ

転勤はその業種によってはあまり長い期間同じ場所にいると取引先の人と仲が良くなり過ぎて仕事に公平さを失ってしまうことがあるのを避けているという業種もあるようですし、中には何か問題を起こしてしまった人を転勤させるという事もあるようです。

もし自分が転勤することになった場合それをネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに捉えて新しい場所で頑張るようにして下さいね。