雪が降った時傘をささない、さす?北海道と東北と東京、海外で違いはある?

冬の寒い日に空から雪が降ってきてとても綺麗だけど寒さを感じられますよね。雨が降ると傘をさしますが、雪の時に傘はささない?さす?

北海道と東北と東京、海外で違いはあるのでしょうか。

雪が降った時、傘をささないのか、さすのか、北海道と東北と東京、海外では違いはあるのかについて調べましたので、見てくださいね。

雪が降った時傘はささない?さす?

雪 降った 傘 ささない
http://giftstotheearth.com/?p=36687

冬に降ると言えば雪ですよね。地域によってはいつも降らないところもありますが、降ると何故かテンションが上がってしまうという人もいるかと思います。

雨が降ると外出している時は傘をさしますが、雪の場合は傘をささない?さす?

 

傘は防水加工がされていて雨が降ってもよほど古くなってしまっていたり、穴が開いていなければ水を通すことはありませんよね。

雪も同じで傘をさしても水分が通りませんが、たくさん雪が降ると傘に雪が積もってしまい、そのたび傘から雪を落とさないといけなくなって不便だと感じられたり、車に乗る時に傘に積もった雪が車に入ってびしょびしょになってしまったという人もいるようです。

 

傘をささない、さすというのはどちらが多いということもないようですが、その時の状況によっても傘をさしたりささなかったりするようですね。

スポンサーリンク


雪が降った時傘をささない、さす、北海道と東北と東京、海外で違いはある?

雪 降った 傘 ささない
http://ameblo.jp/maemukiniiko2nd/entry-11441858837.html

では北海道と東北と東京、海外で雪の時に傘をささないのか、さすのか違いはあるのでしょうか。

北海道や東北などの冬の時期とても寒い地域の人の多くは雪が降っていても傘をささないという人が多いようですね。

 

これは雪が服などについてしまっても気温が低いため、雪が溶けずにすぐに落ちるため、傘をさす必要がないそうですし、また、道に雪が両端積もっていると歩道の幅が狭くなり、傘をさしていると人とすれ違う時にお互いが当たってしまうこともあるので、傘を刺さないという人もいるようです。

それに対して東京では雪が降っていても気付くと雨に変わっていたり、雪の時でも気温が北海道などに比べると高いため、傘や服に付いたときに溶けてしまうため傘をさすという人が多いようです。

同じ日本でも住んでいる地域によって雪が降った時に傘をささなかったり、さしたりと違いがあるようですね。

 

では海外では雪の時傘をさすのでしょうか。

海外の人は雨の時に必ず傘をさすというひとが日本に比べると少ないそうです。

これは日本と違って雨が降っても短時間でやんだり、その地域によっては気温が高く、すぐに乾くからと言ったことがあるようです。

そのため、雪の時もあまり傘をさすということは無いようですね。
雪などがきつい時は着ているパーカーなどで雪を避けたりしているとのことです。

まとめ

雪の日に傘をさす、ささないは住んでいる地域によっても変わるようです。

北海道や東北などは雪が服についてもすぐに溶けるということは無いようですが、東京ではすぐに溶けて水になるため傘が必要になるようです。

また、海外では傘をささないことの方が多いようですね。

どちらが正解という事ではありませんが、その地域の雪によって傘をさすのか、ささないのか変わるのかもしれませんね。