栗の実はほんのり甘くて美味しいですが、まずそのイガイガを取らないといけませんよね。

イガイガの取り方や、名前やその理由、イガイガの役割や活用方法があるのかについて調べましたので、見てくださいね。

栗のイガイガの取り方や名前やその理由は?

栗 イガイガ 取り方 名前 理由 役割 活用方法
http://yagaijuku.blogspot.jp/2012/09/blog-post_6013.html

秋になると実りの季節になり、食べ物がとても美味しい季節になりますよね。

栗も秋が旬の食べ物になりますが、実の周りを固く覆っているイガイガがあるので、素手で触ることはかなり注意しないと怪我をしてしまうことがあります。

栗拾いなどで落ちている栗を拾う時は必ず軍手や手袋を付けていないとイガが手に刺さってしまうこともあるようです。

 

このイガイガの取り方は外などでしたら、靴のままイガを踏んで割るという方法が簡単に割ることができていいみたいです。

踏むときに足の内側にイガイガが刺さってしまうことがありますので、気を付けるようにして下さいね。

 

栗のイガイガは落ちてからしばらくすると割れてくるそうで、この部分を上にして両足のつま先でイガイガを踏むといいようです。

トングを使って開いてきている部分に押し当てて割る方法もありますので、やりやすい方法でイガイガを取ってみてください。

 

栗のイガイガを言えばほとんどの人が栗の実の外側に付いているものと分かると思いますが、正式な名称はイガイガではなく、イガだそうで、とげのことを言うようです。

見たままの名前ではありますが、このイガがあることによって動物などに食べられるのを防いだりしている栗にとっては無くてはならないものになっています。

スポンサーリンク


栗のイガイガの役割や活用方法はある?

栗 イガイガ 役割 活用方法
http://reaps4.blog12.fc2.com/category1-3.html

栗のイガイガは中の実が熟すまで守る役割があるそうで、実が熟すと自然と開き、実が地面に落ちるようになっているそうです。

またこのイガイガが動物などにくっついて違う場所まで運んでもらうという役割もあるようです。

触ると痛い栗のイガの活用法は何かあるのでしょうか。

 

暖炉などまきを使って暖をとったり、お風呂を沸かしたりするときに栗のイガを投入するとよく燃えるようです。

細いイガがより火のまわりを良くしてくれているのかもしれませんね。
庭などでたき火が禁止されている地域もありますので、事前に確認して火には十分注意して下さい。

またイガイガを使って草木染めをしたという方もおられるようで、活用方法としてはたくさんは無いかもしれませんが、活用することはできるみたいですね。

まとめ

栗に付いているイガイガはうっかり触ってしまうと怪我をしてしまうくらい鋭い棘ですよね。

イガイガを剥くのによくされる方法が足で踏むと言った方法があり、この他ではトングで押し広げるという方法もあるようです。

イガイガは中の実が熟すまで動物などから身を守る役割があるそうです。

わざわざスーパーなどでイガイガ付きの栗を買う事は少ないかもしれませんが、実そのもので売っているよりも味が良いそうですので、一度試してみてくださいね。