紫外線を浴びた後のケアや食べ物は何が良いのでしょうか。
これらのケアで肌への影響を防ぐことができるのでしょうか。

紫外線は日常的に浴びるのは15分までが適度な量と言われており、それ以上ですと日焼けなどの肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

そうならないためにも、紫外線を浴びた後のケアや食べ物は何なのか、肌への影響を防げることができるのかについて調べましたので、参考にしてくださいね。

紫外線を浴びた後のケアや食べ物は?

紫外線 浴びた後 ケア 食べ物
http://www.nahls.co.jp/blog/archives/000166.html

日焼け止めを塗るのを忘れていたり、日焼け対策をしていたのに日焼けしてしまったことがあるかと思います。

短時間だけならそこまで焼けることが無いかもしれませんが、その人の肌質などで赤くなってしまったり、すぐに黒くなってしまいますよね。

では紫外線を浴びた後のケアはどうすればよいのでしょうか。

 

紫外線を浴びるとその度合いによって変わりますが赤くなってしまった時はまずは冷やすことが大切になっています。

いきなり冷たい水で冷やすのではなく、ぬるめのシャワーを浴びてから特に火照っている個所を氷水などで冷やします。

痛みや赤みが引いてくれば炎症を抑える軟膏などを塗ると良いそうです。

その後赤みが引いても熱を冷まそうと肌の水分を使うため、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

ですので化粧水などで保湿したり、アロエが入っているジェルやクリームを塗るのも効果がありますよ。

肌のケアはその後のシミなどが出ないようにもしておきたいですよね。

化粧品などでは日焼け後のケア商品も販売されていますので、最後にこれらでケアするといいかもしれません。

 

外側のケアだけでなく体内からもケアするとより良いと思います。

その時によい栄養素としてはビタミンA、C、Eを多く取るように心がけるようにして下さい。

食べ物としてはブロッコリーなどの葉菜類、サツマイモ、トマトなどの赤い果物(トマトは加熱するとより良い)があります。

一気に食べるよりも普段の食生活に採り入れるようにしていって下さいね。

スポンサーリンク


紫外線の肌への影響は防げる?

紫外線 肌 影響 防げる
https://jooy.jp/32891

先ほど書いたように肌のケアや食べ物を採ることによって肌への影響を最小限に抑えることができるのではないでしょうか。

ただ、完全に肌への影響を無くすというよりも、少しでも肌に負担をかける量を減らすと言うように考える方がいいかもしれませんね。

全くケアや食べ物を採らないよりはずっといいですので、面倒かもしれませんがケアなどをするようにして下さいね。

まとめ

紫外線は全く浴びないのは体の健康の為に行けないと言われていますが、浴びすぎてしまうと日焼けによる炎症や、シミなどの原因になってしまいます。

面倒かもしれませんが肌のケアや普段の食生活にもバランスの良い栄養などを採ると後で後悔することが無いと思いますよ。