祭りに行くと色々な屋台がありますよね。

屋台で売っているジュースを冷やす方法や、大きな入れ物の名前は何なのでしょうか。

屋台のジュースを冷やす方法と大きな入れ物の名前を調べたので、見てくださいね。

祭りの屋台のジュースを冷やす方法はある?

祭り 屋台 ジュース 冷やす方法
http://ameblo.jp/gan-mm/entry-10876592494.html

祭りに行くと屋台の食べ物を食べるのも楽しみの一つでもありますよね。
夏でしたらかき氷やアイス、ジュースなど冷たいものもとても美味しくついつい買ってしまうかと思います。

幼稚園や子供会などでお祭りをするとき保護者の人は屋台でジュースを売ったりすることがあるかと思います。

夏の暑い日などはやはり冷たいジュースが美味しいですが、どうやって冷やせばよいのでしょうか。

 

やはりその場で冷やすというのは大量の氷もいりますので、できる事なら最初に売る分だけでも家などで先に冷やしておくことが良いようです。

氷は牛乳パックを綺麗に洗ってから水を入れ凍らせるたものを何本か用意しておいたり、ビニール袋を凍らしておくなどやはり氷の量が必要になってきます。

 

よく水に塩を入れると良いと言われたりしますが、この方法は急激に冷やす方法ですので、常に冷やすという方法にはあまり向いていないそうですし、飲み口がしょっぱくなってしまいますので、あまりお勧めはできないです。

ジュースを入れる容器の他に日陰などにクーラーボックスなどに冷やしたジュースを入れておいたりするのもいいかもしれませんね。

 

暑い日に常温のジュースは美味しさが半減してしまいますので、、できるだけ常に冷たい状態を保てるようにしたいですよね。

一人で大量の氷を作るのが難しくても周りの人に頼むとかなりの量を作れると思いますので、一人何個作って欲しいと決めておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク


大きな入れ物の名前は?

屋台 ジュース 大きな入れ物 名前
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1350122983

屋台などでジュースを入れている入れ物がありますが名前は何というのでしょうか。

楽天市場などでは「ドリンク冷却ボックス」と言う名前で販売されていました。
また、「ジュースクーラー」という名前でもあるようです。

 

屋台で売られているジュースのことを「どぶづけ」と呼ぶそうで、「どぶづけ水槽」なんていう名前もあるようで、様々な名前も持つみたいですね。

もし幼稚園や子供会などでこの入れ物が必要になって名前が分からなくてもこれらの名前で探すと見つけることができると思います。

まとめ

ジュースをその場で冷やすというのはやはり中々すぐには冷えないですので、事前に冷やしたものを持っていくと良いかと思います。

大量の氷が必要になりますので、牛乳パックに水を入れて凍らせたものなどを何人かで持ち寄るなどをして常に水の中に氷がある状態にしておくとジュースがぬるくなってしまったという事を防ぐことができるかと思います。

暑い日にはやはり冷たい飲み物がとても美味しいですので、氷が無くならないようにや、できれば追加分も先に冷やしておいて日陰などにクーラーボックスや、発泡スチロールの箱などに入れておくのも良いかもしれませんね。