夏になると紫外線が気になってきますが、何時から何時まで対策をすればよいのでしょうか。

また、他の季節で紫外線対策をした方が良い時間はあるのでしょうか。

紫外線対策をした方が良い時間を調べましたので、参考にしてくださいね。

夏の紫外線は何時から何時まで対策をするべき?

夏 紫外線 何時から 何時まで 対策
https://www.myrepi.com/article/beauty/article/fashion-beauty-haircare-201408-1

夏が近づくと紫外線対策が気になってきますよね。
対策をしなければ日焼けやシミ・そばかすの原因になってしまいますよね。

紫外線は日が出ている間中ありますが、特に紫外線対策をした方が良い時間帯があるそうです。

 

一番多い時間帯が朝の9時から昼の2時が紫外線のピークになると思います。

この時間帯に外出される時は紫外線対策をしっかりしておく方が良いそうです。

 

対策としては、サングラスや日傘、帽子などを被ることが紫外線対策になると思います。

しっかりとした紫外線対策をして日焼けなどが原因でシミやそばかすの発生から守れますので、対策はしっかりするようにして下さいね。

 

紫外線の強さは住まれている場所にもよって変わります。
北海道より沖縄の那覇の方が多くあり、年間の紫外線量は2倍もの差が出るようです。

また標高が高くなると紫外線が強くなるそうで、標高が1000m高くなると10~12%ほど強くなると言われています。

スポンサーリンク


他の季節は?

紫外線 他の季節
http://www.naturalweb.co.jp/uvcare/uvseason.html

紫外線は夏だけあるものではなく、強さは変わりますが一年中射しています。
夏以外の季節で紫外線が強い時間帯は何時ごろなのでしょうか。

他の季節でも紫外線の強い時間帯は朝の9時から昼の2時ごろまでになるかと思います。

 

これは太陽が頭上に昇っている間ということになるかと思います。

紫外線にはA波とB波があり、B波は肌の表面までしか波長は届きませんが、強いエネルギーを持っているため、やけどを起こしたように肌が赤くやけどしたような症状を起こしたり、シミ、そばかすの原因になります。

 

A波はB波に比べるとエネルギーは弱いですが、浸透力があるため、肌の表面だけでなく奥の真皮まで届き、肌の細胞に影響を与えます。

これが原因でハリや弾力を失ってしまい、シワやたるみの原因になります。

日焼けすることをあまり気にしない人でも年齢を重ねると肌トラブルのもとになってしまいますので、できれば紫外線の強い時間帯だけでも対策はしっかりするようにして下さいね。

まとめ

紫外線は一年中射しています。
特に夏は紫外線が強くなる時期で、しっかりとした対策をしないと肌のトラブル、シワ、シミなどの原因になります。

若いうちはあまり日焼けが気にならないかもしれませんが、できることなら対策をすれば将来シミやそばかすに悩まされることが少なくなるかもしれませんので、面倒かもしれませんが、しっかりして下さいね。