傘は雨を防ぐ便利な道具です。
その傘はどこで買うのでしょうか。

また、買う時にサイズ(長さ)の標準や目安はあるのでしょうか。

傘をどこで買うかや、サイズの標準や目安について調べましたので、参考にしてみてくださいね。

傘はどこで買う?

傘 どこで買う
http://www.enjoytokyo.jp/kuchikomi/334639/?__ngt__=TT0bfbbb18f001ac1e4a0c06crevu1ag-vy1u5QCNXLIig

急な雨の時などはコンビニでビニール傘を買うことがあるかもしれませんが、普段使う傘はどこで買うのがよいでしょうか。

 

最近はホームセンターなど、日用品が売られている店では傘を売っている店が多くあり、安い金額では数百円ほどで買うことができますよね。

ですが、やはり安い物はすぐに壊れてしまったりと寿命が短いことが多いかと思います。

 

一つくらいは良い傘を持ちたいと思われた時に買いに行くお店とすれば百貨店が良いのではないでしょうか。

値段が高ければ良いというわけではありませんが、それなりに品質の良いものを置かれているので長い期間使い続けることができるかと思います。

 

値段は千円から高いものですと一万円を超える傘がありますが、高価なものであればあるほど愛着がわいて大切に使えるのではないでしょうか。

傘にお金をそこまで使いたくないのであれば、スーパーなどでもお手軽な値段で傘が売られているので、普段使いの傘にはいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


サイズの標準や目安は?

傘 サイズ 標準 目安
http://store.shopping.yahoo.co.jp/geomart/9900022.html

では傘を買う時の標準のサイズはどれくらいなのでしょうか。

傘のサイズを気にせずに買って、思っていたよりも小さかったり、大きすぎたりしたことはありませんか?

 

傘には長さなどのサイズがあり、男性ですと65cmで万能サイズで中学背から高齢者まで、70cmは身長170cm以上の人向け、80cmは身長180cm以上の人向けになっています。

女性用ですと55cmが小ぶりな傘が好きな人向けで58cm、60cmが標準サイズになっています。

良く売られているサイズでは58cmが多いようですね。

 

子供の傘は40cmが身長85~100cm、45cmは90~105cm、50cmは105~120cm、55cmは120~140cmの身長の子供向けになっています。

特に子供の場合はその子供が実際に傘を持たせてバランスを見てあげることが大切です。

あまり小さい傘ですと雨に濡れてしまうことがありますので気を付けてあげてくださいね。

 

また子供連れの人などでしたら、男性用の65cmの傘を選ぶと二人とも雨に濡れることが無いかと思います。

このように自分の身長や、ライフスタイルによって傘のサイズを選ぶと良いかもしれませんね。

まとめ

傘には様々なサイズがあり、特に子供が持つ傘はその子供の身長などを考えて選ばないと小さすぎたり、大きすぎたりしてしまいます。

そのようなことの無いように、本人に傘を持たしてバランスを見て傘を買うようにして下さいね。