イースター祭(復活祭)と、
うさぎ,卵の関係性や意味について紹介します。

まずはイースター祭(復活祭)についての簡単な紹介と
イースター祭(復活祭)と、うさぎ,卵の関係性についての紹介となります。

イースター祭(復活祭)とは?

イースター祭(復活祭)とは?
http://pokkekun.jp/blog-entry-1012.html

イースターとは、十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが
三日目に復活したことを記念・記憶するキリスト教において最も重要な祭です。

イエス・キリストが三日目に復活したので
誕生などについて祝うお祭りという感じでしょうか。

日本ではイースター(復活祭)は2010年頃まで馴染みが薄かったです。
ただ、2010年に入ってから「イースター」の要素を取り入れたイベントの
開催や商品展開が各業界でされ始めています。

実際にディズニー・イースターを開催したり
サーティワンアイスクリームでも2011年からイースター限定商品を展開したりしてます。

イースター商戦に力を入れている百貨店や菓子メーカーなども出てきているようです。

イースターと卵の関係性

イースターと卵の関係性
http://blogs.yahoo.co.jp/whitnoelcat/4151816.html

キリストでは伝統的に四旬節および大斎の期間中禁じられていた肉、乳製品、卵などが
イースター(復活祭)の日に初めて解禁になったので、卵やバターなどを使った食べ物が並べられるのです。

卵との関係性もここにあります。
また、卵は生命の誕生という意味もありますよね。

イースター(復活祭)はキリストが生まれ変わった日なので
ここでも卵と関係性があるわけです。

スポンサーリンク


イースターとウサギの関係性

イースターとウサギの関係性
http://blog.goo.ne.jp/buffetcrampon/e/e9ca4e6604e5ca7ce8f8456d3e0c06b9

イースターとウサギの関係性ですが、イースターはキリストが生まれ変わった日です。
ウサギはたくさん子供を産みます。
キリストが生まれ変わった日というのと、ウサギはたくさん子供を産んですごい。
といったところからきているようです。

他にもイースターはキリストが生まれ変わった春に行われる祭りであり
ウサギは春のシンボルと昔から言われているというのも理由の一つのようです。

まとめ

それではまとめていきますね。

イースター祭りは今までは日本とほとんど馴染みがなかった祭りですが
最近は、日本との馴染みがでてきているお祭りです。

そして、イースターとウサギの関係性はウサギはたくさん子供を産めるのでまさに生誕を祝うお祭りにピッタリだからです。後は春のシンボルだから。

卵も生誕と関係していますよね。
それだけではなく、イースター(復活祭)の日に
初めて卵が解禁になったからです。

これがまとめですね。

イースター祭りってなんだろうなぁーと思っている方が
これで解決できればいいなと思います。