氷が溶ける時間の計算方法はどうするのでしょうか?温度との関係性はどの程度あるのでしょうか?

暑い時に飲み物を冷たくするために氷を使ったり、熱がある時に氷水で頭を冷やしたりしますよね。

氷は冷凍庫から出しておくと溶けて水になってしまいますが、溶けるまでの時間はどれくらいなのでしょうか。

計算方法はある?

氷が溶けるのに温度との関係性はどれくらいあるのでしょうか。

氷が溶ける時間の計算方法はどうするのかなど調べましたので、見ていって下さいね。

氷が溶ける時間の計算方法は?

氷が溶ける時間 計算方法
http://eitangotsukaiwake.suntomi.com/index.php?melt%2C%20dissolve%2C%20defrost

 

水を凍らせると氷になりますよね。

その氷を使って飲み物を冷やしたり、熱がある時には氷水として熱を冷ましたり様々な場所で使われています。

特に暑い時期になると多くの氷を使うかと思いますが、氷は冷凍庫から出すと溶けてしまいます。

氷が溶ける時間がどれくらいになるのか計算法はあるのでしょうか。

 

計算方式はやはりその場所の気温、その氷がどのような状態なのかによっても変わるそうで、氷が溶ける計算方式というものは変わってくるようですね。

大体2Lのペットボトルを完全に凍らせてから溶けるまでカバーなどせずに外に出していたら6時間程で溶けることもありますし、気温が低ければ一日かかるということがあるようです。

その時の状況にかなり左右されますので、一概にこの計算で時間を出すのが正しいという事は無いみたいです。

スポンサーリンク


氷が溶けるのに温度はどれくらい関係がある?

氷 溶ける 温度
http://promptreport.com/icesalt/

 

氷を冷凍庫から出してクーラーボックスに入れて飲み物などを冷やしたりするかと思いますが、どうしても溶けてしまうことは避けることができないですよね。

氷は0℃から氷だし、0℃を超えると溶け始めます。

 

やはり気温の高い方がより溶けやすくなるかと思いますが、その他に風の有無によっても氷の溶ける速度は変わってくるそうです。

熱はより温度の低い方に近づく性質があるため、氷の周りに熱が近づき、氷が溶け始めます。

 

空気の流れでその冷えた空気が移動する事によってまた熱が近づいてくるためより氷が溶ける速度が上がるそうです。

日向と日蔭、車内に氷をおいて解ける速度を実験されたところ、車内の氷が一番遅くに溶けたそうです。

車内はかなり温度が上がってますが、外とは違い風などの空気の流れがないため、溶ける速度が遅くなったようですね。

ある程度の温度は関係あるかと思いますが、それよりも風も氷が溶けるのに関係しているといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


まとめ

氷は冷凍庫から出すと溶け始めますが、その時の気温などの条件によって溶ける速度が変わってきます。

そのため、計算方法などもその都度変わってしまうようですね。

温度が高いなどの理由によって氷が溶ける速度は変わるかもしれませんが、それに加えて空気が動くのかによっても溶ける速度が変わるようです。

どのような状況で溶ける速度が違ってくるのか、実験されてみてもいいかもしれませんね。