家電量販店の店舗数や売上高ランキングを紹介!違いも簡単に比較していきます。

家電量販店では様々な家電から電化製品が販売されていて、買うものが無くても見てるだけでもテンションが上がるという人も多いのではないでしょうか。

電化製品だけでなくゲームや携帯電話なども販売されている家電量販店ですが、家電量販店にも会社が何社もあります。

店舗数や売上高のランキングはどのようになっているのでしょうか。
家電量販店の違いを比較してみましたので、見ていって下さいね。

家電量販店の店舗数や売り上げランキングは?

家電量販店 店舗数 売り上げ ランキング
http://college2ch.blomaga.jp/articles/176754.html

生活を送る上で電化製品が無いと不便ですし、日常生活であるのが当たり前になっていますよね。

様々な種類の電化製品が売られている家電量販店には何社かあり、その会社によってサービスが違ったりポイントが付いたりするかと思います。

日本全国にある家電量販店ですが店舗数や売上高ランキングはどのようになっているのでしょうか。

 

店舗数ランキングがこちら。

1位ヤマダ電機 1016店舗
2位ケーズデンキ 451店舗
3位エディオン 432店舗
4位ジョーシン 234店舗
5位ノジマ 178店舗
6位コジマ 153店舗
7位ベスト電器 147店舗
8位ビッグカメラ 38店舗
9位ヨドバシカメラ 22店舗

となっているようです。

1位のヤマダ電機は断トツの店舗数となっていて、家電量販店では唯一日本全国に店舗を展開している会社でもあるようです。

 

次は売り上げランキングです。

1位ヤマダ電機 約1兆8900億円
2位ビックカメラ 約8000億円
3位エディオン 約7600億円
4位ケーズホールディングス 約7000億円
5位ジョーシン 約4000億円
6位コジマ 約2800億円
7位ノジマ 約2000億円
8位ベスト電器 約1700億円
9位キタムラ 約1500億円

となっているようですね。

やはり日本全国に出店しているヤマダ電機は売り上げも高くなっているようですね。

スポンサーリンク


家電量販店各社の違いは何?

家電量販店 違い
http://mobile-wi-fi.info/ryouhan.html

家電量販店と言う名前だけだとどの会社で買っても変わらないと思われるかもしれませんが、その会社ごとに加入されているポイントカードの種類が違ったり、長期保証の保証内容が違うということがあります。

各社ともに家電を買った時にメーカー保証の他にその家電量販店で作られている長期保証サービスに加入することができます。

 

どれも同じ内容の様に思いますが、会社によっては修理回数に制限があったり、金額に上限があるなどといったように会社ごとに保証内容の違いがありますので、どの保証を重視するのかでも買う店を考えられてもいいかもしれませんね。

またどの家電量販店でもあるポイントですが、会社によってポイント還元率が違うので、同じ値段で販売されていてもポイント数が変わることもるようですね。

スポンサーリンク


まとめ

家電量販店は電化製品だけでなく、ゲームや携帯電話、高級時計やブランド物まで販売されているところもあり、買うものが無くてもそれらを見ているだけでも楽しめる人も多いかと思います。

何社かある家電量販店ですが、特に大きな違いということは無いかもしれませんが、その会社で作られている保証内容や、ポイント還元率やアフターサービスなどで違いがあるかと思います。

買うものによって利用する店を変えて上手に使い分けてみてもいいのではないでしょうか。