マックとモスの売上や店舗数はどっちが多いのでしょうか?違いなども比較していこうと思います。

マックやモスは学生の人でも気軽に利用することができるファストフード店ですよね。
どちらもその店独自のメニューがあって気分によって利用する店を決められる人もいるのではないでしょうか。

どちらもハンバーガーのお店ですが、マックとモスの売上や店舗数はどちらが多いのでしょうか。

また、何が違うのか比較してみましたので、見ていって下さいね。

マックとモスの売上や店舗数はどっちが多い?

マックとモスの売上や店舗数はどっちが多い?
http://www.tokyo-solamachi.jp/shop/226/

忙しい時でも手軽に食べることができるファストフード店はとても便利ですよね。

ファストフード店にはマックとモスがあり、多くの人がそのハンバーガーを食べられてきたかと思います。

そのマックとモスですが、売上や店舗数はどちらが多いのでしょうか。

 

マックの売り上げはおよそ2200億円程となっていて、2015年4月のデータでは日本の店舗数が3065店舗となっています。

これに対してモスはおよそ700億円程の売り上げとなっていて店舗数が1362店舗となっています。

この数字で比べると売上、店舗数共にマックの方が多くなっています。

スポンサーリンク


マックとモスの違いは?

マックとモスの違いは?
http://mos.jp/

マックとモスはどちらもハンバーガーがメインメニューとして販売しているファストフード店となっていますが、違いは何があるのでしょうか。

 

以前のイメージはマックが安くてモスが高いというイメージを持たれている人も多かったと思いますが、最近ではどちらもあまり値段に違いはなくなってきているようです。

この他の違いと言えばハンバーガーの種類の数に違いがあり、マックに比べるとモスは多くの種類のハンバーガーを作られています。

 

また、店内もマックはどちらかと言えば回転率の高さを狙った店づくりをしているところが多いのに対し、モスは長時間ゆっくり過ごすことができるような店の作りになっているそうです。

このように同じハンバーガーショップではありますが、それぞれ経営方針が違うためどちらが良いという事ではなく、その時の自分が食べたいほうを選ばれるといいかもしれませんね。

まとめ

マックやモスは日本でも利用したことが無いという人がいないのでは?と思われるほどメジャーなファストフード店ですよね。

売上や店舗数だけで考えるとマックの方が売れていますが、モスはマックにはないハンバーガーのメニューなども豊富にそろっていて人気となっています。

マックやモスそれぞれに美味しく食べることができますので、もし住まれている地域に両方あるのでしたら一度食べ比べてみるのも新たな発見があるかもしれませんよ。