タクシーが遠回り!クレームの電話で効果的な対方法は何?

タクシーを利用して目的地まで行かれる人も多くいますが、ごくまれに目的地に行く道順が遠回りされることがあるそうです。
やはり料金もかかりますし、できれば最短の距離と時間で到着してほしいと思いますよね。

タクシーが遠回りしたというクレームの電話を入れる時効果的な対応方法はどうしたらよいのでしょうか。
調べましたので、参考にしてくださいね。

タクシーが遠回りした時どうする?

タクシー 遠回り
http://sirabee.com/2015/07/20/41136/

タクシーを乗って目的地まで行くとき、自分が思っている以上にお遠回りしているしていると感じることがあるようです。

明らかに遠回りをしていると確信できるのでしたらその時に道の指定をするというのも方法の一つかと思います。

 

ただ、ドライバーによっては距離がかかってもより短時間で到着できるルートを選ぶという人もいるそうですので、遠回りしたからといって全てドライバーが悪いという事ではないようですね。

中にはまだ道を覚えきっていなかったり、単純に道を間違えてしまったというドライバーもいるようですので、もし遠回りかも?と思われたらその時に効いて見るのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


タクシーが遠回りでクレーム電話の効率的な対応は?

タクシー 遠回り クレーム電話 対応
http://www.nice-management.com/a2.html

自分が利用したタクシーが明らかに遠回りした時、その場で聞くことができなかったため、タクシー会社にクレーム電話を入れる時に効率的な対応の仕方はあるのでしょうか。

まず明らかに遠回りしたと言えるように地図などにルートを書いてその時に通った道より明らかに遠回りだったと説明できるようにしておく、領収証などを貰っておくと、よりその人であると断定しやすいので領収証を貰っておく。

そうすると管理職の人などが通った道が本当に遠回りだったか検討し、遠回りしなかった距離との差額分を返金されるそうです。

 

やはり口頭だけでは謝罪して終わられることもあるようですので、できればタクシーに乗った時には領収証を貰っておくと後で何かあった時に証明しやすいのではないでしょうか。

基本的に故意に遠回りするドライバーの人は少ないと思いますので、あれ?と感じた時にすぐに伝えれば応えてくれるのではないでしょうか。

道を熟知しているタクシードライバーの人でも分からない時などもあるかと思いますので、タクシーに乗る時には前もって自分でも大体の道を知っておくと気づくと遠回りで料金も高額になってしまったということを防げるのではないでしょうか。

まとめ

タクシーに乗った時、自分が思っている道と違うところを通り、結果的に遠回りになってしまったということがあります。

故意に遠回りをするドライバーの人は稀かと思いますが、まだ地理に詳しくなかったり、うっかり道を間違えてしまったということもあるようですので、もし遠回りされたと思われら料金を払う時にそのドライバーに遠回りの理由を聞くのもいいかと思います。

納得のいく返答がもらえず、タクシー会社にクレームの電話を入れる時は、領収証を貰っておく、最短の道のルートを説明できるように前もって準備してから電話をして説明をすれば相手側も納得できる効率的な方法かもしれませんね。