秋分の日は秋の彼岸の中日で、この日にお墓参りをする人も多いのではないでしょうか。

そんな秋分の日にデートをするのはアリなのでしょうか。

また行事食のメニューとして何を食べるのでしょうか。

秋分の日にデートはアリなのか、行事食のメニューとして何を食べるのかについて書いていきますので、参考にしてくださいね。

秋分の日にデートはアリ?

秋分の日 デート
https://mery.jp/34263

秋分と言えば秋のお彼岸の中日に当たる日ですよね。

この日はご先祖様を供養するために、お墓参りをして団子などを供えたりする家庭も多いのではないでしょうか。

その秋分の日にデートはアリなのでしょうか。

 

秋分の日は祝日で学校や多くの会社がお休みになる日ですし、天候も過ごしやすくなってきています。

デートをするのはダメだという事はありませんので、恋人と楽しく過ごされてもいいのではないでしょうか。

もしお墓参りなどをしなければいけないのであればお彼岸の期間中に行っておくといいのかもしれません。

 

またその年のカレンダーによってはゴールデンウィークの様に大型連休になる人もいて、旅行などに出かけられるというのもアリなのではないでしょうか。

その家庭によっては秋分の日や春分の日は家族みんなでお墓参りをすると決まっているところもあるかと思いますので、先に確認しておくと、後で起こられるという事は無いと思いますよ。

スポンサーリンク


秋分の日の行事食は何を食べる?

秋分の日 行事食 食べる
http://www.jkk-sotohp.or.jp/green/event147.html

秋分の日は秋の折り返しの時期でもあると言われており、暑さも和らいでいき、涼しく感じることが多くなっていく時期でもあります。

行事食と言えば仏壇やお墓にお供えするおはぎがあり、毎年秋分の日にはお母さんなどがたくさんのおはぎを作っていて食べている人もいるかと思います。

 

この他のメニューとしてはその時の旬の野菜である、栗ご飯やサツマイモ料理、サンマの塩焼きなどがあるかと思います。

どれも秋の味覚でとても美味しいものばかりですよね。

 

献立の例としては栗ご飯とサンマの塩焼き、お味噌汁に秋ナスの焼きナスなどがあります。

栗ご飯の他にキノコの炊き込みご飯などでもいいのではないでしょうか。

このように季節の物を取り入れたメニューにするといいかと思います。

 

秋分の日はお彼岸の忠実でもあることから祖先を敬い亡くなった人を偲ぶ日とされていますが、この時期は実りの時期でもあり、収穫の感謝や五穀豊穣のお願いを秋分の日に行っていたところもあるそうです。

ですので、旬のものをメニューに取り入れて食べるということになるのかと思います。

まとめ

秋分の日は夏とは違い一日を通して過ごしやすくなってきている日になりますよね。

この日にお墓参りをしておはぎを供え、家族や親せきと集まる日にしているところもあるかと思いますが、恋人がいてその日にデートをするというのもアリだと思います。

気候の良い時期ですので、ちょっと遠出も楽しく出かけることができるのではないでしょうか。

もし毎年お墓参りをすることになっているのでしたら、前もって家族に了承を貰っておくとより良いかと思います。

秋分の行事食としては多くの人が思いつくのがおはぎだと思います。
食事としてはその時の旬の野菜や魚などを使ったメニューにして秋の味覚を心ゆくまで堪能して下さいね。