このインターンシップとは何をするのでしょうか。
ただ働きで報酬は無いのでしょうか。

就職活動を頑張る大学生の人が毎年多くおられますが、そんな中最近インターンシップという制度を利用する人が増えてきているそうです。

インターンシップではなにをするのか、報酬があるのと無いのとどちらが多いのかについて調べましたので、参考にしてくださいね。

インターンシップは何をする?

インターンシップ 何をする
http://magazine.campus-web.jp/archives/29557

大学も3年や4年生になると就職に向けて活動をする人が増えてきますよね。

自分の好きな業種などに就職したいと思うけど、実際どんな事をするのかなかなか分からないかと思います。

そんな時にとても良い制度がインターンシップになります。

 

この制度を利用することによってどのような仕事をしているのか身をもって知ることができたり、仕事を経験することによって自分の適性が分かったりすることができます。

インターンシップには短期と長期とに分かれており、短期で参加した場合は会社の一室などでグループワークやディスカッション、先輩社員の営業などに同行させてもらえることがあるようです。

 

長期の場合は実際に社員の人たちと共に仕事をすることになります。

仕事を実際にすることによって仕事の大切さなど得られるものが多くあるかと思います。

短期、長期どちらが良いということはありませんので、自分の興味のある会社からインターンシップに参加していくといいのではないでしょうか。

短期ですと短いとこだと1日、多いのは2週間ほどの期間だそうです。

長期だと2~3ヶ月間と言うところもありますので、前もってどれくらいの期間するのか調べておくといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


インターンシップはタダ働き?報酬あり?どっちが多い?

インターンシップ タダ働き 報酬 どっち  多い
http://vip.blomaga.jp/articles/51878.html

インターンシップは学生の社会勉強の場でありますので、基本的にお給料を貰えるところは少ないようです。

電車代などの交通費も個人負担であることが多いようですね。

 

やはり会社として社会勉強で学生にどのような仕事をしているのか見せる場でありますので、お金を貰いたいというより自分の経験を積むためと思えばお金に変えることはできないと思います。

ただ長期のインターンシップの場合は給料が貰えるところや、交通費も支給してくれる所もありますので、もし給料を貰えるのでしたら、それに見合うように頑張っていかないといけませんね。

 

インターンシップは学生の人が社会勉強できる制度になっています。

この制度を使うことによって仕事の大変さなどを実感することもできますので、興味があるけどどんなところか分からないと思ったらどんどんインターンシップを利用していって自分の適性などを理解しいけばより就職活動がスムーズになるのではないでしょうか。

まとめ

インターンシップは早い人ですと大学1.2年生の時から参加されているそうです。

いざ就職活動を始めるよりもインターンシップを経験しているとどのような会社なのか、自分の適性を理解できていると思いますので、より自分の向いている企業に絞って活動することができていいのではないでしょうか。

ですが仕事場にお邪魔させてもらい、勉強する所ですので、周りの先輩たちの迷惑にならないように頑張ってくださいね。