コインランドリー乾燥機の温度は何度が良いのでしょうか?
注意しないと縮むのでしょうか?

雨の日が続くと洗濯物が乾かず、コインランドリーの乾燥機を使って洗濯物を乾かす人も多いのではないでしょうか。

その乾燥機の温度は何度で乾かしているのでしょうか?

気を付けないと洗濯物が縮んでしまうことがあるのでしょうか。

コインランドリーにある乾燥機の温度や縮むことがあるのかについて調べましたので、見てくださいね。

コインランドリーの乾燥機の温度は何度?

コインランドリー 乾燥機 温度 何度
http://osentaku.hamazo.tv/

雨の日や梅雨の時期ですと洗濯物が乾かず家の中で干してもスッキリ乾かなかったり匂いがついてしまったりしてしまいますよね。

そんな時に便利なのがコインランドリーにある乾燥機を使って洗濯物を乾かすことです。

 

天日干しでも気持ちよく乾くのですが、乾燥機を使うと洗濯物がフワフワになったり、形状記憶のシャツなどでしたらすぐにハンガーをかけるだけでアイロンをかけなくても綺麗な状態のままになっていたりと、とても便利ですよね。

コインランドリーで使われている乾燥機はガス式のもので、かなりの高温と風を起こすことによって、洗濯物の間に空気が入り、乾燥でき、フワフワになるそうです。

温度もその店舗によって変わるかと思いますが、大体70℃から80℃ほどの温度になるようです。

スポンサーリンク


乾燥機を使うと縮む?

コインランドリー 乾燥機 縮む
http://www.lifehacker.jp/2012/07/120705hairconditioner.html

よく言われるのが乾燥器を使うと洗濯物が縮んでしまうと言われていますが、やはり気を付けないと縮んでしまうのでしょうか。

縮んでしまうものは残念ながらあるようです。

 

特に新品の綿製品の靴下やTシャツなどは乾燥機にかけると縮むようです。

縮むのを防止するには完全に乾燥しきる前で止まるようにして生乾きの状態で家で干すと縮みを防止することができるようです。

何度か洗濯してるものでしたらそこまで縮むということは少ないようですが、やはり高温で乾燥すると衣服の縮みはあるようですね。

 

梅雨時に乾燥機はとても便利なものですが、乾燥しきると縮んでしまう服もありますので、その服の素材などで乾燥時間を短くしたり、温度を選べるのでしたら、中温などにして乾燥すると良いのではないでしょうか。

また、タンブラー禁止と書かれている服は乾燥機を使わないように気を付けてくださいね。

まとめ

コインランドリーにある乾燥機は雨などで何日も溜まってしまった洗濯物を一気に乾かすことができる便利なものです。

ですが、服によっては縮んでしまうことがありますので、乾ききる前に乾燥を止めるようにしたりして縮むのを防ぐ工夫をするとお気に入りの服が縮んでしまったということを防ぐことができるのではないでしょうか。