枝豆と言えばビールなどのお酒のおつまみを思い浮かべる人も多いかと思いますが、アレルギーを引き起こしてしまうことがあるのでしょうか。

症状は咳や蕁麻疹、腹痛などがあるのでしょうか。

枝豆のアレルギー症状や副作用について調べましたので見ていって下さい。

枝豆にアレルギー症状はある?

枝豆 アレルギー 症状
https://welq.jp/16939

枝豆と言えば塩ゆでしたものをおつまみにビールやお酒が進むという人も多いですよね。

ですが、そんなお酒のおつまみにも料理などで活躍する枝豆にもアレルギー症状が出てしまうことがあるようです。

 

大豆アレルギーと呼ばれる食物アレルギーでこの大豆アレルギーがある人が食べてしまうと様々なアレルギー症状を引き起こしてしまうそうです。

この大豆アレルギーの多くは乳幼児に発症し、小学校などの学童期には落ち着いてくることが多いそうで、アレルギー症状の中でもアナフィラキシーショックなどを引き起こすことはかなり稀だそうです。

 

ですが、アレルギーがあるのに食べてしまうと体調を崩してしまいますので、気を付けてください。

また、加熱してもこのアレルギーを引き起こす力が弱まらないと言われているため、できる事なら大豆を除去したものを食べるようにすることがアレルギー症状を出さない最善の対処法かもしれません。

スポンサーリンク


どのような症状が出る?

枝豆 アレルギー 症状

ではアレルギーはどの様な症状が出るのでしょうか。

まず唇や口の中の粘膜を通り気管支喘息や、蕁麻疹、腹痛などを引き起こしてしまいます。

個人差があるかと思いますが、食べた後に下痢や嘔吐をしてしまうことがあるそうです。

 

これは大豆たんぱく質を消化吸収できずに体外に排出しようと言う体の防御反応が起こるため出は無いかと言われています。

そんなに強いアレルギーではなく、本人も自覚なく、枝豆を食べていて、後日頭が痛いなんてこともあるようです。
これはすぐに症状が出ない遅延性のせいかもしれません。

 

もし枝豆など豆を食べると次の日になると頭が痛くなるという人は一度病院で調べてもらった方がいいかもしれません。

栄養価も高い枝豆ですが、アレルギーを引き起こすアレルゲンを持っていますので、お子様で離乳食を始められるのでしたら、ほんの少しずつ与えるようにするか、先に何かアレルギーを持っているか病院で検査してもらうと安心かもしれませんね。

まとめ

枝豆はおつまみにしても料理の一品にもとても美味しく食べられるものですよね。
ですが、大豆アレルギーを含んでいるため、アレルギー症状を引き起こしてしまうことがあります。

意識がなくなるなどの重度のアレルギー反応を引き起こすことは稀と言われてはいますが、引き起こしてしまうと体もしんどいですよね。

まだ小さな子供でしたら負担も大きいかもしれません。

もし不安でしたら一度病院でアレルギー検査をしてもらうことが良いかもしれませんね。