車やバイクを運転するには必ず運転免許を取得しないと運転することはできませんよね。

免許は一度取得すると何年か毎に更新の手続きをしないと免許が失効してしまいます。

更新の時期が近づくとお知らせのハガキが届き、その後有効期限内に運転免許センターか最寄りの警察署で手続きをすることとなります。

その際に交通安全協会に加入して下さいと言われるかと思いますが、このことを寄付金と呼ばれることもあるそうです。
この寄付金はいくらになってるのでしょうか。

加入することによってメリットはある?

調べましたので、見ていって下さいね。

免許更新で寄付金はいくら?

免許更新 寄付金 いくら
http://www.wakatta-blog.com/post_631.html

 

免許を取得した後何年か毎にその免許の更新をしないと失効してしまい、運転することができなくなってしまいますよね。

そうならないために更新のお知らせのハガキが届くと運転免許センターか警察署で更新の手続きをすることになります。

更新の手続きをする際に交通安全協会に加入してほしいと言われるかと思いますが、これは寄付金であるとも言われているようです。

 

金額は都道府県によってばらつきがあるそうで、大体年間で300円から700円という金額となっているそうです。

中には一律の金額となってる都道府県もあるようですが、年間で決められてるところは免許更新が次が3年後だと年間の費用かける3の金額を支払うようになってるそうですよ。

例えば年間500円の所だと1500円をその時に支払うということになります。

スポンサーリンク


免許更新である寄付金のメリットは?

免許更新 寄付金 メリット
http://saitama-omiya-urawa.blog.jp/archives/cat_1207565.html1062582808

 

更新時に交通安全協会の加入を勧められるかと思いますが、これは任意となっている為、断ったとしても何も言われることはありません。

ただメリットもあるようで、チャイルドシートの貸し出しをしてくれる所もあるそうで、普段はいらないけど友達の子供を乗せることになった時など短期で借りたい時などはとても便利なサービスであるかと思います。

 

この他には飲食店での割引などの優待を受けることができたりするそうですので、もし加入するか迷われた時は自分が住んでる都道府県の交通安全協会でのサービスは何があるのか調べてから決められてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


まとめ

免許の更新をする際に加入を勧められる交通安全協会は寄付金であるとも言われていて、都道府県によってその金額には違いがあるそうです。

任意となってる為、加入を断っても特に何も言われることはありませんが、加入することによって受けられるサービスもありますので、先に調べておいてから加入したほうが得なのかで入るか入らないかを決めてもいいのではないでしょうか。