物を買った時の箱に段ボール箱がありますが、段ボールの捨て方、燃えるゴミで出してもいいのか、資源ごみの日に出すのでしょうか?

ダンボールは中に物を入れて運ぶことができたり、保管する時に便利ですよね。

引っ越しなどをすると荷物を入れていたダンボールで部屋がうまってしまうということがありますが、捨てる時は燃えるゴミに出してもいいのでしょうか。

資源ごみでしか出しては駄目なのでしょうか。

こういった点について書いていきますので、参考にしてくださいね。

ダンボールの捨て方、燃えるゴミでいい?

ダンボール 捨て方 燃えるゴミ
http://blog.livedoor.jp/cuyr/archives/cat_55729.html

ダンボールの捨て方ですが、引っ越しなどした時に荷物をダンボールに入れて運びますよね。

荷物を保管しておくときにもダンボールを利用する人もいるかと思いますが、中の荷物を出してダンボールを捨てる時は燃えるゴミで出してもいいのでしょうか。

そのまま出すとかさばってしまいますが、小さくしてから燃えるゴミとして出すという人もいるようですね。

スポンサーリンク


ダンボールは資源ゴミの日に出さないといけない?

ダンボール 資源ゴミの日
http://okamisan-eco.seesaa.net/category/5171220-11.html

ダンボールを燃えるごみの日に出すという人もいるようですが、正確にはダンボールは資源ゴミと分類されており、資源ごみの日に出すのが正しい出し方であります。

小さくして燃えるゴミに出しても怒られるということは無いようですが、やはり再生できるものですので、資源ごみの日に出すように心がけてくださいね。

出し方としてはそのまま出すのではなく何枚かを重ねてひもなどで結びバラバラにならない様にして出すようにして下さい。

 

また子供会など自治会で資源ごみの回収をされる時があって家の前に置いておけばダンボールを持って帰ってくれるそうですので、一度日程を確認されてもいいのではないでしょうか。

廃品回収業者でも回収してくれると思いますので出しやすい方で出すようにして下さいね。

 

引っ越しなどで使ったダンボールはその引っ越し業者に頼めば持って帰ってくれるところが多いようです。

ただ、引き取りに期限を設けている業者もあるようですので、いつまでダンボールを回収してくれるのか確認しておいてその期限内に引き取りに来てもらうようにして下さいね。

スポンサーリンク


まとめ

ダンボールは紙でできていますがとても頑丈で引っ越しなどの荷物を入れるたり、通販で物を買った時にも使われていてとても身近なものですよね。
ですが、中身を取り出すと空のダンボールが溜まってしまって困るという人もいるようです。

ダンボールは資源ごみに分類されるため、燃えるゴミの袋の中に出しても怒られることは無いようですが、資源ごみとして出すようにして下さいね。