柿やメロン、アボカドは野菜なのでしょうか、それとも果物?
どのような理由で野菜と果物に分けられるのでしょうか。

柿やメロン、アボカドは野菜、果物どっちか、違いは何なのかについて調べましたので、見ていって下さいね。

柿やメロン、アボカドは野菜?果物?

柿 メロン アボカド 野菜 果物
http://www.hanasaki.or.jp/kirara_blog/2011/11/post-1169.html

食べ物には色々な分類分けがされていて、キャベツなら野菜、魚や魚類などがありますよね。

柿やメロン、アボカドは野菜、果物どちらに分けられているのでしょうか。

 

果物であるのは柿とアボカド、メロンは野菜という分類に分けられるそうです。

メロンは野菜というより、果物と思っている人も多いと思いますので、野菜であるというのは少しビックリですよね。

スポンサーリンク


野菜と果物の違いは?

野菜 果物 違い
http://www.ebaraya.com/02b/01b-a/

では野菜と果物の分類はどのようにされているのでしょうか。

野菜は田畑に栽培されているもので、副食物、木にならないものという定義があるそうです。

この定義に当てはめるとメロンは野菜の分類に入ることになります。

 

果物は野菜と違い、木に実を付ける物となります。
ですので、柿やアボカドは果物に分類されています。

ただメロンをおかずにして食べるということはめったにないですし、売り場も果物コーナーに置かれていますよね。

こういった野菜のことを果物的野菜という名前を付けて区別しているそうです。

 

メロンとは逆にアボカドはデザートに食べるというより料理して食べることが多いので野菜と思われがちかと思います。

このように果物は2年以上栽培する植物のことで、果実を食用するものを果樹とする、野菜は田畑で栽培される物、と定義に当てはまる方に分類されている事が果物と思っていたのに野菜だったというややこしいことになっているようですね。

 

この他にもイチゴも野菜に分類されていますので、まだまだ果物か野菜どっちか分からないという食べ物が出てくるかもしれませんね。

また、パイナップルは広い意味で果物であるとされているようですので、深く調べれべ調べるほど野菜と果物の境界線は曖昧なものかもしれませんね。

野菜であっても果物であっても自分の食べる用途によって分けて考えれば良いのかもしれないですね。

まとめ

柿やメロン、アボカドは野菜、果物それぞれに分類されています。

果物は木に実になるもの、野菜は田畑で栽培されているものとされているため、メロンが野菜だったり、アボカドが果物に分けられているようです。

野菜も果物の定義ははっきりとした線引きが難しいようで、自分が使う用途によって果物か野菜であるかを分けてみるのもいいかもしれませんね。